「ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館所蔵: 20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」展

Bunkamura ザ・ミュージアム

poster for 「ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館所蔵: 20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」展

このイベントは終了しました。

ドイツ、デュッセルドルフのノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館は、1986年にオープンし、質の高い20世紀美術の豊富なコレクション、通称“K20”で知られています。その所蔵作品は、パウル・クレーの充実した作品群をはじめ、ピカソ、マティス、シャガール、ブラックといった20世紀初頭のおなじみの巨匠たち、また、マグリットやエルンストといったシュルレアリスムから、ミロなど20世紀前半の美術史を語るには欠かせない画家の作品を網羅しています。今回、この珠玉の作品群が一挙に出品されることとなり、ピカソとクレーの作品をはじめ、20世紀美術界の人気画家の良質の作品により、20世紀前半の流れを展観します。

[画像:パウル・クレー 「リズミカルな森のラクダ」 1920年 油彩など・ガーゼ、厚紙
©Kunstsammlung Nordrhein-Westfalen, Düsseldorf Photo: Walter Klein, Düsseldorf]

メディア

スケジュール

2009年01月02日 ~ 2009年03月22日

Facebook

Reviews

rabbitspade: (2009-01-25)

If you're attracted to Picasso you might be disappointed because, despite sharing the title with Klee, you'll find plenty of Klee here but only a little of Picasso. Regardless, there's a great range of artists and styles that are definitely worth seeing on their own.

olivier: (2009-01-26)

Good point rabbitspade, if one were to only look at the ads everywhere in the Tokyo metro one could think it's equally about Picasso and Klee. Almost worth wondering if an exhibition can't be massively successful unless it is “Picasso and [who/whatever]” these days…

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use