ベルナール・カトラン回顧展

箱根彫刻の森美術館

poster for ベルナール・カトラン回顧展

このイベントは終了しました。

画家ベルナール・カトランが2004年4月にこの世を去って以来、その作品は今なお多くの人々の心を惹き付けて止みません。生前カトランは夫人を伴い、日本、メキシコ、ペルー、アメリカ、ヴェニスなど世界各国を旅しました。行く先々で見るもの全てに興味を示し、貪欲なまでの吸収力によって、様々な風景、人物、静物を描きました。厚く塗られた画面は重さを全く感じさせず、むしろ洗練された空間を生み出してるのは、画家の強い精神性と繊細な感性によるものといえるでしょう。また、力強さと柔らかさが混在する単純なフォルムは、カトランがいかに巧みにマチエールを操り、色彩を効果的に用いたかを示しています。
画家の追及した簡素な構図と華麗な色彩による作品は、時代を超え常に斬新な感覚を見る物に与えてくれます。2005年に吉井画廊で開催された追悼展に続き、本展では遺族やコレクターの方々の協力によって、初期の作品から晩年に至るまで約40点の油彩及びタピスリーなどを紹介します。

メディア

スケジュール

2008年11月01日 ~ 2008年11月30日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use