木下孝則 展

横浜美術館

poster for 木下孝則 展

このイベントは終了しました。

この展覧会は、大正末から昭和にかけて軽妙洒脱な写実の画風を確立し、戦後、横浜市鶴見区に居をかまえ同地に没した洋画家・木下孝則(1894-1973/明治27-昭和48)の画業を回顧するものである。また、大正から昭和にかけて活躍した洋画家の回顧展として、当館が初めて取り組む展覧会でもある。
木下孝則は、大正末に二科会に初入選した後、 エコール・ド・パリ全盛のフランスに洋画研究の目的で留学した。当時のパリ画壇の影響のもと、マネやクールベ、ヴラマンク、マチスといった近代絵画の巨匠の画風を学びながら初期の作風を形成し、帰国後は、二科会と春陽会を中心に、留学の成果を示すのびやかな写実画を発表した。一方、木下孝則が画業の緒についた戦前期の洋画壇では、大正期に勃興した新興美術運動のあとをうけて、前衛的な傾向を示す様々な動向、たとえば、プロレタリア美術運動やシュルレアリスムが画壇を席巻していった。こうした時代背景のもと、木下孝則は、昭和元年(1926)、パリで親交を結び、エコール・ド・パリの自由精神と個性主義に感化された前田寛治・佐伯祐三・里見勝蔵・小島善太郎とともに「一九三〇年協会」を創立する。
この展覧会は、木下孝則の代表的な作品群でその画業を回顧するとともに、木下が結成に参画した一九三〇年協会と一水会の創立会員の作品をあわせて展示し、穏健な写実表現に根ざした日本洋画の一側面を示すものである。

[画像: 「黄衣婦人」(1954)油彩・キャンヴァス 115.5 × 89.0cm]

メディア

スケジュール

2008年04月11日 ~ 2008年06月08日

アーティスト

木下孝則

Facebook

Reviews

donald_japantimes: (2008-05-08 at 11:05)

Westernized subjects led to a distinctly Japanese style
By C.B. Liddell
Special to The Japan Times

Just as Japan as a nation, in the earlier Meiji Period (1868-1912), enthusiastically embraced Western technology and civilization, so we feel in these paintings that these ladies of the postwar period are embracing Western styles and fashions for a similar motive — empowerment ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20080508a2.html

sashanihon: (2008-05-23 at 18:05)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use