濱口健 「黒、経文、その他」

高橋コレクション 神楽坂

poster for 濱口健 「黒、経文、その他」

このイベントは終了しました。

「濱口健の初個展が高橋コレクションで開催される。これはニュースであり、事件である。なぜなら、濱口健というアーティストの名前はおろか作品さえ知っている人はいないはずだからだ。今春、私が出版した「The Power of the Japanese Contemporary Art」(アスキー)で紹介した濱口健の作品に高橋先生が目を留め、連絡をくださり、彼の作品を見ていただいたのは、つい先日のことなのである。

高橋先生の審美眼と決断の早さには脱帽するけれど、濱口健と知り合ってから約10年が経過しているが、世間にこびることがまったくなかった濱口健の約10年にも私は敬服している。その間、彼は黙々と制作を続け、今回の「黒、経文、その他」シリーズが100点、「般若心経」シリーズが 276点、すでに完成を見ている。「そのうちどうにかなるだろう」と腹をくくり、あせらず、自分のスピードで作品を作るのが濱口健スタイルだ。その制作の間、彼の芯はまったくブレていない。ジャパニーズポップや人気ドラマやファッションなど流行する他のことも、彼の作品には関係ない。近年、マーケティング感覚が鋭いアーティスト群が登場しているが、それらとは全く反対の極に濱口健はいる。

6年前、私は「現代アート入門の入門」(光文社新書)で、濱口健を「キッチュで派手、任侠路線でセクシー、古風でマニアック、並外れた構成力を持つ」と書いた。その印象になんら変化はない。作品の面白さは実物を自分の眼で見て評価していただきたい。濱口健はまだ始まったばかり、 10年以上のマグマが噴火するのはこれからである。」山口裕美 (アートプロデューサー)

メディア

スケジュール

2008年05月17日 ~ 2008年07月26日

アーティスト

濱口健

Facebook

Reviews

Lena Oishi tablog review

All Tied Up in Rope

Ken Hamaguchi confronts the devious nature of female sexuality in “Black, Sutra and the Rest”.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use