「英国現代美術を知る」レクチャーシリーズ 

森美術館

このイベントは終了しました。

英国現代美術史の流れを、1980年代、90年代、2000年以降の3回に分けて、それぞれの時代から読み解きます。

第1回:「拡張された彫刻」から「ニュー・ブリティッシュ・スカルブチュア」へ長年、英国現代美術の調査研究を行い、展覧会を企画してきた塩田純一氏が、80年代の英国現代美術について語ります。

日時:2008年5月17日(土) 14:00-16:00
出演:塩田純一(東京都庭園美術館副館長)
モデレーター:逢坂恵理子(森美術館アーティスティック・ディレクター)

第2回:「YBA:ブリットポップからクールブリタニアまで」
1990年代にロンドンに長期滞在した毛利嘉孝氏が、ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBA)の活躍を中心に、その目で見た英国の90年代を振り返ります。

日時:2008年6月8日(日)14:00-16:00
出演:毛利嘉孝(東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科准教授)
モデレーター:近藤健一(森美術館アシスタント・キュレーター)
会場:アカデミーヒルズ49(森タワー49階)
主催:森美術館、アカデミーヒルズ
定員:各回120名
料金:一般1000円、学生・MAMCメンバー500円

第3回:「ポストYBA:今日の英国美術」*日本語のみ
テート・モダンの開館と成功やポストYBAとでも呼ぶべき新しい動向など、
2000年以降の英国現代美術界について語り合います。

日時:2008年6月24日(火)19:00-21:00
出演:ロジャー・マクドナルド(インディペンデント・キュレーター)
モデレーター:近藤健一(森美術館アシスタント・キュレーター)
会場:森美術館53階展示室内
定員:100名(要予約)
料金:500円(要展覧会チケット)

ご興味のある方は、直接下記の森美術館ウェブサイトよりお申し込みください
森美術館ウェブサイト:WWW.MORI.ART.MUSEUM"

メディア

スケジュール

2008年05月17日 ~ 2008年06月24日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use