児玉衣未 「いのち芽吹くかたち」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 児玉衣未 「いのち芽吹くかたち」

このイベントは終了しました。

水中で空気が無数の泡となって岩にびっしりと張り付いているさま、ニョキニョキとおびただしい数の小さな芽が地面より芽吹いているさま・・・・児玉衣未(Kodama Emi)さんの陶による作品は、1cmほどの青味がかったフジツボ状のかたちが、数え切れないほど張り付けられています。
大きさは40~50cmで、石や岩のような塊の上に張り付いていたり、お皿のような断片状のものもあります。 いずれも青味を帯びた緑釉が清々しく、釉薬の下から白土が透ける作品は、海中生物のようです。また赤土でつくられた作品は、豊穣な土に芽吹いた植物のような、生き生きとした印象があります。生命力を感じさせる迫力のある作品です。

今展では、初めての白磁土による作品にも挑戦しています。
穏やかな陽光きらめく海の透明感を表現するかのように、白磁土で海草や珊瑚、貝の器官を想像させる、柔らかで水明な質感をつくり出しています。

今展は、児玉衣未さんの初個展開催となります。

アーティスト・トーク  2008年6月6日(金) 18:30~19:00

メディア

スケジュール

2008年06月06日 ~ 2008年07月01日

アーティスト

児玉衣未

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use