樺島勝一 展

弥生美術館

poster for 樺島勝一 展

このイベントは終了しました。

1920~30年代を中心に活躍した挿絵画家、樺島勝一(1888~1965)は、当時人気のあった少年雑誌『少年倶楽部』に迫力のある挿絵を描き、少年たちを熱狂させました。その卓越した描写力は「写真よりリアル」と謳われたほどで、「船のカバシマ」「ペン画の神様」とも称されました。
一方で、1923年には、日本で初めて吹き出しを用いたマンガ『正チャンの冒険』も手掛けており、後に主人公「正チャン」が被っていた帽子は、「正チャン帽」として商品化され、大ブームになりました。
本展は、樺島勝一の生誕120年を記念した本格的な回顧展です。初公開の作品も展示し、生涯の画業をたどります。

-ギャラリー・トーク
11月9日(日)午後2時より、樺島勝一のご遺族を交えたギャラリー・トークを行います。

メディア

スケジュール

2008年10月02日 ~ 2008年12月23日

アーティスト

樺島勝一

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use