戸谷成雄 展

シュウゴアーツ

このイベントは終了しました。

最小限の要素に還元するミニマルと不均衡で装飾的なバロックという両極にあるものをひとつにし、相反する緊張関係から生まれる概念を「ミニマルバロック」と戸谷は名付け、近年シリーズとして制作をしています。その第三弾となる本展は、ギャラリー空間をいっぱいに使った森シリーズの新作「森IX」とそのためのドローイングで構成されます。

かつて「森」の中にある錯綜した構造からバロックを見出した戸谷は、1986年から「森」シリーズとして制作を始めます。平面性、絵画性の中に立ち上がる、彫刻性とは何か、という問いはシリーズ8作目を最後に中断されます。行き過ぎた表現の快楽主義に対し倫理性を意識するようになった戸谷は「ミニマルバロック」という概念をたちあげますが、その図式の中に自身の森を再発見します。シリーズの9作目にあたる「森Ⅸ」をミニマルバロックとして発表する最初の展覧会になり、今後の展開を予兆させるものとなるでしょう。

オープニングパーティー: 5月24日(土)17:00~19:00

メディア

スケジュール

2008年05月24日 ~ 2008年06月21日

アーティスト

戸谷成雄

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use