森山大道 + ミゲル・リオ=ブランコ 「共鳴する静かな眼差し」

東京都現代美術館

poster for 森山大道 + ミゲル・リオ=ブランコ 「共鳴する静かな眼差し」

このイベントは終了しました。

東京都現代美術館では、ブラジルへの移民100周年を記念する「日本ブラジル交流年」関連事業の一環として、写真というメディアでブラジルと日本との交流を試みます。
森山大道と、マグナムに所属しブラジルを拠点に活動するミゲル・リオ=ブランコの二人の作品による写真展を開催いたします。二人の写真は、都市やそこで生活する人々をカメラで捉えるという共通点を持ちつつ、それぞれが独自の世界観を持っています。この写真展のために、森山大道はサンパウロを撮影し、ミゲル・リオ=ブランコは東京を撮影しました。展覧会では二人の文化と視点が交差し、これまでにない日本、ブラジルの像が現れます。そこには、普段ならば見過ごしてしまう日常の断片を、意味のある光景へと変え、現代におけるリアリティが問いかけられています。

森山大道 ミゲル・リオ=ブランコ 記念講演会 2008年10月25日(土) 14:00~16:00

[画像: Daido Moriyama, 「Sao Paulo」 (2007) Courtesy of Artist and Taka Ishii Gallery]

メディア

スケジュール

2008年10月22日 ~ 2009年01月12日
11月3日・24日、1月12日は開館、11月4日・25日、12月28日~1月1日は休館

Facebook

Reviews

joao: (2009-01-09)

Even though there is only 3 days of the "Moriyama/Miguel Rio Branco" exhibition, I strongly recommend anyone interested in photography to take a look - it's a sort of "crossed look" very seldom shown in museums or galleries, putting together two world-class photographers, Daido Moriyama from Japan, and Rio Branco, from Brazil. What is most interesting is that you have an unexpected result: Daido is harsh, strong b/w and an excess of reality, although Miguel is subtle, highly fragmented and colorful. Maybe what is expected for a Japanese is exactly what Miguel has done, and what you imagined from a Brazilian, is what has come from the Japanese. Check it out.

tomomi: (2009-01-12)

I second what joao's saying - they seemed to instinctively know how the other would perceive their city.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use