poster for 「47」展

このイベントは終了しました。

47のアイテムによる新しいCLASKAの風景へようこそ。過去から未来、物から人、物つくる人の技、それはつまりCLASKAが拠って立つ、日本の今。生まれ変わるCLASKAがテーマとする"コンテポラリー・ジャパニーズ"を端的に表現するため、気持ちも新たにCLASKAが日本の物産を選び直します。職人の手技から生み出される工芸品、工場のラインで生産される工業製品、アイディアそのものがプロダクトとなるようなソフトウェア、すべて日本の物産です。そして、それらを作る人々もまた日本の物産ともいえます。また逆に、それらの物産が日本を構成しているともいえます。日本の今が持つ、そのようなあたりまえの多様性を、47のアイテムに託して展示いたします。

同時開催
"白 ∼近江の麻布 江戸時代からいま"
およそ500年の伝統を持つ、近江の麻作り。江戸時代に使われた大麻が織り込まれた麻を、職人の手が"いまの布"へ蘇らせました。麻布研究家、吉田真一郎が、"白"をテーマに、江戸の麻と新作麻布を見立て、空間で表現します。

メディア

スケジュール

2008年03月29日 ~ 2008年05月18日

Facebook

Reviews

inostill: (2008-05-01 at 23:05)

ギャラリーの壁づたいの窓の曲線がとても良い。
気になったのはアイロン台。
http://www.j-love.info/ino/archives/20080430_47_exhibition.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use