ジム・ランビー 「アンノウン プレジャーズ」

原美術館(東京)

poster for ジム・ランビー 「アンノウン プレジャーズ」

このイベントは終了しました。

この度、原美術館では、「ジム ランビー:アンノウン プレジャーズ」展を開催する運びとなりました。スコットランド代表としてヴェネチア ビエンナーレに出品し(2003年)、イギリス現代美術界において最も権威あるターナー賞にノミネートされるなど(2005年)、近年眼を見張る活躍を続けるジム ランビー。本展は、彼の代名詞ともいえるサイケデリックな床面のインスタレーションに、身近な品々をドラマチックに変化させた彫刻を加え、原美術館の独特の空間と共演/協演/競演する機会となります。出品作品の多くは、本邦初公開です。

20世紀初頭にワシリー カンディンスキーが“発見”し、その後、60年代半ばのオプアートという大輪の花を咲かせた抽象美術は、美術をイメージからイリュージョンに転化し、人々に新たな視覚体験をもたらしました。ちょうどオプアート全盛期に生を受けたジム ランビーは、床一面に規則正しいテーピングを施すことで生まれる幾何学的パターンによって空間を大胆に変容させ、今再び抽象による豊かな視覚体験の創出とその可能性を追究しています。さらに、椅子やベッド、レコードやプレーヤーといった身近な日用品を大胆かつ繊細にデコレーションした彫刻を巧みに配置することで、私達の視覚に“未知の快楽”(=アンノウン プレジャーズ)をもたらします。

ランビーの創造する空間にひとたび足を踏み入れると、私たちの眼は床の幾何学模様に“応答”し始めます。一定のリズムで振動し伸縮しているかのような、めまいさえ覚える錯視的な空間内で、いつしかそこが美術館であることを忘れ、意識の内奥で際限なく広がる時空間へと変化していきます。それはバンド活動やDJを続け、音楽に浸って暮らすランビーの、「音楽をかけると、いろんな境界がなくなっていくように感じられるよね」という感覚とも重なるでしょう。知覚のメカニズムによって、私たちの行動や精神のしばりが一時消滅し、いきいきとした生に変わる――そんなライヴ感が、ランビーがたどり着いた境地といえそうです。

[画像:原美術館での展示風景 ⓒJim Lambie、原美術館]

メディア

スケジュール

2008年12月13日 ~ 2009年05月10日

アーティスト

ジム・ランビー

Facebook

Reviews

Jessica Niles DeHoff tablog review

Vintage Vinyl

He's big. He's Scottish. And he's over here. Extended by popular demand, Jim Lambie's solo show is a feast for the eyes, an extravaganza, a psychedelic phantasmagoria. But what else?

ramarama: (2008-12-18)

ジム・ランビーは去年の夏にオペラシティで見ましたが、
他の写真を見ても、たいてい直線でした。
あ、何が「直線」かというと、床のシマシマがです。
それが、今回は曲線を取り入れていて、しかも一部屋でなく、
二階までちゃんとシマシマ!
すごい!がんばったよ!

http://ramarama.cocolog-nifty.com/ramarama/2008/12/post-3984.html

tomomi: (2009-01-12)

「次の部屋は壁と天井まで貼ってあるかも!?」
http://www.ripplet.jp/2009/01/lambie-at-hara.html
(注:ネタばれ有り、の文章です)

kiminiaitainaa: (2009-01-14)

Only B&W, not colourful as advertised in the flyer/poster. Misleading...? Mmm.

yourboringandpatheticart: (2009-01-19)

I came to this exhibition yesterday with great anticipation and hope , as seeing some fresh work in a Japanese museum has been a looooonnngggg time in the waiting, (Yes i saw a lot of his work here already since the presiding galleries seem to control the museums as their shills and not the other way around, but htat is a different matter.) Personally thinking Mr. Lambie is a very interesting artist to investigate, my hopes were dashed when i came to see a regurgitation of art from the last 40+ years. The floor treatment which usually surprises me was a simple re-working of Sol Lewit meets Daniel Buren which when positioned next to jean Pierre Raynaud only emphasizes and weakens the installation. Being a record and book freak myself, I checked the spines of the records and found less of a controlled selection and more of a thrift-shop remains. I read the essay which the museum is of course proud to exhibit the artist—why would they say otherwise? — but simple questions in the details go unanswered. Excited to peer into his wold and ideas, I entered but ended up cruising through the show in less than 10 minutes. Feeling gipped, i tried it again, then not wanting to leave so quickly i decided to have a coffee and mull the show over. Trying to discuss it we quickly diverted the discussion to a fun old song by Bauhaus, Double Dare. Funny that oldie held more discussion and attention. The couple next to us asked what we were discussing and turned out to get into the music more. They were equally disappointed in Jim Lambie, and agreed that it is not the museum's position to verify the galleries, but their duty is to serve the artists and the people. ot the curators please take heed, the public of Japan need not pay to see a show that is easily accessible in the private galleries, frequently simultaneously.


donald_japantimes: (2009-02-05)

Jim Lambie turns the Hara Museum into a riff on the curve
By MARIUS GOMBRICH
Special to The Japan Times

"... I guess these two elements are like the bass line and drums on a piece of music, and then the other sculptures are floating on top of that, almost like the vocals and the guitars," Lambie explained.

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20090109a1.html

lady_penelope: (2009-03-08)

会期5月10日まで延長されましたよー!
音と流れを感じます。

jinno: (2009-03-10)

shumai: (2009-04-03)

視線の端にあっても視覚を侵食してくる白黒模様のパワーがすごかったです。直線より曲線の方がいいね。

michael: (2009-04-16)

conon: (2009-04-16)

ランピーのしましま考
http://noricolumn.blog.so-net.ne.jp/2009-02-08

takatokyo: (2009-04-17)

voidchicken: (2010-07-19)

Joy Divison

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use