ニナ・バイエ + マリー・ルンド 「A Circular Play」

ワコウ・ワークス・オブ・アート

poster for ニナ・バイエ + マリー・ルンド 「A Circular Play」

このイベントは終了しました。

このたび、6月13日(金)より、当画廊におきまして、ロンドンを拠点に活躍するニナ・バイエとマリー・ルンドによる日本初個展を開催する運びとなりました。今展はギャラリーが美術館のキュレーターと共に新進気鋭の海外アーティストを紹介する展覧会プログラムの第2弾となります。
デンマーク出身の2人は、共にロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業し、2003年より共同で作品制作をはじめました。作品の多くは、グループ・ダイナミあクス(集団力学)や人間関係に対する強い関心から生まれており、社会的慣習のなかに存在する本能的な人間の反応を最もシンプルな形で導きだします。
これまでロンドンのM+R Gallery(ロンドン)やV1 Gallery(コペンハーゲン)で定期的に個展を開催するだけでなく、Spacex Gallery(エクセター)やAarhus Center for Contemporary Art and Overgaden(デンマーク)などでも大規模な個展を開催しています。また、Wallspace(NY)での"From a Distance"展、のSkuc Gallery(リュブリャナ、スロベニア)での"This is a gettogether"展、Laura Bartlett Gallery(ロンドン)での "Abstract Things"展や、YBCA(サンフランシスコ)での"Collectivity"展など、さまざまなグループ展にも参加しています。
今展では、レジデンスプログラムに参加し、東京に二ヶ月滞在した際に制作したフレームされた古いポスターを用いた「Archives (World Peace)」や、クリスタル・ボールの表面に痕跡を残した「History makes a Young Man Old」など、集団や個人のアイデンティティの歴史に目を向けた新たな展開を見せる作品を発表します。合わせて、映像やインスタレーションなど、ギャラリーの二部屋を使用した展示を予定しております。

アーティスト・レセプション 6月13日(金)18:00-20:00

メディア

スケジュール

2008年06月13日 ~ 2008年07月19日

Facebook

Reviews

Darryl Jingwen Wee tablog review

A Growing Pile of Mail: "All the Best" at Wako Works of Art

TAB covers the growth of an instruction-based artwork by Nina Beier and Marie Lund on show at Wako Works of Art.

Katrina Grigg-Saito tablog review

Collaborative Acts of Intervention

Wako Works of Art holds a curated show of work by Danish artists Nina Beier and Marie Lund.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use