特集陳列「茶人好みのデザイン~彦根更紗と景徳鎮」

東京国立博物館

このイベントは終了しました。

日本には、やきものや漆器など、大事な器を好みの布で作った仕覆(しふく)に入れて箱に納め、さらにその箱を布で包んで保存する習慣があります。中身の器もさることながら、それを包む布、裂(きれ)も古渡りの貴重なものが多いのです。

客人を招き、茶と料理でもてなす。季節や目的に応じた空間の演出を練りながら、見合う器を選ぶ。まさに茶をたしなむ人々こそが、このような楽しみをよく知っていたのではないでしょうか。だからこそ、ひとつひとつの器を思い入れのある裂に包み、大切に守ってきたのです。

この特集陳列では、およそ安土桃山から江戸時代にかけて日本に将来され、このように人々の眼を楽しませてきた彦根更紗(ひこねさらさ)と中国景徳鎮民窯(けいとくちんみんよう)の磁器をご紹介いたします。

メディア

スケジュール

2008年09月09日 ~ 2008年10月19日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use