「ウルビーノのヴィーナス 古代からルネサンス、美の女神の系譜」展

国立西洋美術館

poster for 「ウルビーノのヴィーナス 古代からルネサンス、美の女神の系譜」展

このイベントは終了しました。

本展では、古代、ルネサンス、そしてバロック初めに至るまでの、ヴィーナスを主題とする諸作品を展示します。ヴィーナスの神話が、いかに古代の芸術家の霊感を刺激したのか、そして古代文化が再生したルネサンスにおいて、どのようにヴィーナスの図像が復活、発展したのかを、約70点の絵画、彫刻、工芸品等によって辿ります。特に今回は、フィレンツェ美術館特別監督局の全面的な協力により、ヴェネツィア派を代表する画家ティツィアーノの名品「ウルビーノのヴィーナス」をウフィツィ美術館よりお借りすることが可能となりました。フィレンツェ以外からも、イタリア各地からヴィーナスを表わした選りすぐりの作品が貸し出される予定です。

[画像: ティツィアーノ「ウルビーノのヴィーナス」(1538年頃) 油彩、119 × 165cm ウフィツィ美術館 Photo:Antonio Quattrone]

メディア

スケジュール

2008年03月04日 ~ 2008年05月18日
月曜日休館(4月28日、5月5日を除く)。5月7日(水)は休館)。

アーティスト

ティツィアーノ

Facebook

Reviews

Hana Ikehata tablog review

hiraking: (2008-04-20 at 21:04)

4月19日の講演会の覚え書きと勝手な感想
http://blog.hiraki.jp/archives/2008/04/19-162455.php

zazix: (2008-05-06 at 18:05)

初心者の私ですが、わかりやすく楽しめた展覧会でした。
tp://ameblo.jp/zazix/entry-10094375396.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use