第12回 メディア芸術祭

国立新美術館

poster for 第12回 メディア芸術祭

このイベントは終了しました。

文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁・国立新美術館・CG-ARTS協会)は、本年度の受賞作品24点、功労賞1点、審査委員会推薦作品147点を決定しました。アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に、世界44の国と地域からご応募いただいた2146作品の中から選ばれています。

アート部門大賞は、ユーモラスなグラフィックと愉快な反応を誰もが楽しめる体験型作品『Oups!』。エンターテインメント部門は、メディアアーティストである岩井俊雄氏が企業と共同開発し製品化した、音と光を奏でる電子楽器『TENORI-ON』。アニメーション部門は、水没してゆく街のなかでひとり暮らしている老人の物語『つみきのいえ』。マンガ部門は、自由奔放で天才的な才能を持つ少年が、ピアニストを目指し成長する姿を描いた『ピアノの森』です。

功労賞には、60年代からアーティストとして時代を切り拓き、ビデオギャラリーや公募展を主催するなど、メディア芸術を根底から支える活動を行なってきた中谷芙二子(なかやふじこ)氏が選ばれました。

今年度は、アートやエンターテインメントといったジャンルの垣根を乗り越え、視覚だけでなく聴覚や触覚など、人間の身体性をテーマにした作品が数多く受賞しています。これらの作品をご覧いただける受賞作品展を2月4日から15日まで国立新美術館にて開催いたします。

メディア

スケジュール

2009年02月04日 ~ 2009年02月15日

アーティスト

岩井俊雄中谷芙二子

Facebook

Reviews

kyuuuu: (2009-02-12)

今回もいろんな作品があって面白かったです。インタラクティブなもの、直観的なものが多いのが興味深く感じました。時間には余裕を持ってみた方がいいと思います。
http://opqrst.exblog.jp/10342813/

pbyjp: (2009-02-13)

Don't miss it, it's only once a year. The layout of the exhibition is much better than last year's; more of a journey than a huge open space. Take some time to sit through the animation shorts, at the back of the space... Count an hour to walk around and another to watch some of the animations.
And don't forget to grab the exhibition book at the exit. ¥1,000. It's bilingual (even though their sign doesn't say so...)
I really enjoyed the House Of Blocks and the Inkan race animations.

michael: (2009-02-14)

つみきの家が見られてよかったです

sideshowbarker: (2009-02-15)

Glad I managed to catch the last day of this. Took my 11-year-old daughter along and there was plenty there that caught her interest. I think her favorite part was the group fishing game that you could control by keitai. Only downside was that it was super crowded. Partly a consequence of it being free, I guess. Anyway, definitely catch this next year when it rolls back around.

sideshowbarker: (2009-02-15)

Glad I managed to catch the last day of this. Took my 11-year-old daughter along and there was plenty there that caught her interest. I think her favorite part was the group fishing game that you could control by keitai. Only downside was that it was super crowded. Partly a consequence of it being free, I guess. Anyway, definitely catch this next year when it rolls back around.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use