「甦る中山岩太:モダニズムの光と影」展

東京都写真美術館

poster for 「甦る中山岩太:モダニズムの光と影」展

このイベントは終了しました。

中山岩太は、日本の近代的写真表現を切り開いた重要な写真家です。

1918年に東京美術学校(現東京芸大)臨時写真科を卒業後、農商務省の海外実業練習生として渡米。21年にニューヨークに写真スタジオを開業した後、パリに渡り『フェミナ』誌などで活躍しました。帰国後はヨーロッパのモダニズムの風を日本へと持ち込み、芦屋を拠点に「芦屋カメラクラブ」を結成。新興写真運動の旗手として活躍しました。

本展では、作家の手によるオリジナル・プリントに加えて中山岩太の会、芦屋市立美術博物館が中心になって調査研究してきた「残されたガラス乾板」をもとにして、銀塩印画紙によるプリントを展示。ニューヨーク時代から晩年に至るまでの主要な作品を中心に、全紙大のプリント約50点を制作するとともに、制作過程を明らかにするガラス乾板などの展示も行ないます。『光画』など当時の写真雑誌、関係資料を合わせて全体で約130点の作品と資料を展示いたします。

新たに制作されたプリントは、中山岩太の華麗な写真表現をダイナミックに再現するだけではなく、銀塩写真の危機が叫ばれている今日にあって、歴史的遺産ともいうべき写真原板をいかに後世に伝えていくかという問いかけに対する一つの答えを示しているのではないでしょうか。

メディア

スケジュール

2008年12月13日 ~ 2009年02月08日
12月29日(月)〜1月1日(木)は年末年始休館

アーティスト

中山岩太

Facebook

Reviews

sightsong: (2009-01-02)

歴史的な作品よりもむしろ、スナップ写真にライヴ性があって素晴らしい。『上海から来た女』の現代版プリントは、各種バライタ紙の比較が行ってあって必見。
http://pub.ne.jp/Sightsong/?entry_id=1876230

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use