「オコナイ  湖国・祭りのかたち」展

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 「オコナイ  湖国・祭りのかたち」展

このイベントは終了しました。

全国でも多くの祭りが残る湖国、滋賀県。なかでも年頭に村内安全・五穀豊穣を祈願する「オコナイ」の行事は神様と村人たちを強く結ぶ大切な儀式であり、古くから伝承によって受け継がれてきました。
「オコナイ」の中核をなすのが神様の食事、供物です。 稲作文化を象徴する鏡餅や花餅、またその土地で取れる木の実や野菜などさまざまな食材が、まわりを装飾する花や勧進縄とともに、伝承の形式にそって毎年供えられてきました。それらは村人たちが神様と交信するコミュニケーションツールとして重要な役割を果たし、湖国では地域によって、またそれぞれの「オコナイ」によって驚くほど多様な姿を見せています。今展では、このような独自性に富んだ「オコナイ」のありようを、その象徴となる神様へのお供え物と周辺の装飾や道具などに焦点をあてて、紹介します。

メディア

スケジュール

2008年06月05日 ~ 2008年08月23日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use