「芸術都市パリの100年展 ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街 1830−1930年」

東京都美術館

poster for 「芸術都市パリの100年展 ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街 1830−1930年」

このイベントは終了しました。

パリが世界に比して最先端で豊かな都市文化を享受した1830〜1930年代。パリに生きた著名な作家たちによる、中世から近代に移り変わるパリの景観や自然等をテーマとした美術作品約150点を紹介する。

記念講演会
「19世紀のセーヌ河とパリ」
日時:4月26日(土)14:00-16:00
講師:ジャン=マーク・レリ/カルナヴァレ美術館館長

「パリ100年の美術」
日時:5月11日(日)14:00-16:00
講師:井出洋一郎/東京純心女子大学教授
会場:東京都美術館 講堂
定員:240名/入場無料(先着順)
*13:00より講堂前で整理券を配布し、定員になり次第受付を終了。

[画像: ピエール=オーギュスト・ルノワール 「ポニエール夫人の肖像」(1889) 油彩、キャンバス 117 x 89cm プティ・パレ美術館 ©Photo RMN-©Bulloz/ distributed by DNPAC]

メディア

スケジュール

2008年04月25日 ~ 2008年07月06日

Facebook

Reviews

Aie Shimoguchiya tablog review

芸術都市パリの100年展

世紀末パリへタイムトラベル~日仏交流150周年に寄せて1~ 

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use