「岡本太郎 立体に挑む —造形のなぞにせまる—」展

川崎市岡本太郎美術館

poster for 「岡本太郎 立体に挑む —造形のなぞにせまる—」展

このイベントは終了しました。

岡本太郎(1911−1996)はさまざまな分野で活躍しました。芸術家として10代のころから絵画制作を皮切りに活動をはじめ、1952年にはじめての立体作品を制作します。粘土を使用し、土を足し加えることによる制作過程から、岡本は立体世界の自由な表現を楽しんでいきます。土でつくりあげたものを火にかけると、岡本が作ったままの形で固くなり長期にわたって形を保持していきます。岡本はその制作過程を楽しみました。
さらに、粘土でつくった形を石膏で型抜きしていく方法を知り、表現の可能性が広がっていきます。石膏の型を使用し、金属やプラスチックで作品を完成させていきます。さらに、最初の石膏をもとに寸法を大きくした立体を制作することで、公共の場所に設置し、誰にでも見てもらえる立体造形を完成させていきます。
岡本は、最後の瞬間まで立体をつくっていました。岡本が生涯にわたり実現させようとしてきた世界、岡本が作り出す独自の形をご覧ください。

講演会
5月11日(日)「岡本太郎とシュルレアリスム」 大谷省吾 (東京国立近代美術館主任研究員)
6月7日(土) 「岡本太郎と彫刻」 田中修二 (大分大学教育福祉科学部准教授)
時間: 各日14:00〜
場所: 当館 (ガイダンスホール)
料金: 無料
定員: 70名(当日先着順・申込不要)

[画像: 「まどろみ」(1967) 布・金属]

メディア

スケジュール

2008年04月19日 ~ 2008年07月06日
休館日: 月曜日(5月5日を除く)、4月30日、5月7日

アーティスト

岡本太郎

Facebook

Reviews

A. S. Feinberg tablog review

The Modern Art of Ancient Folklore

A look at how the Taro Okamoto Museum of Art charts the life of the renowned painter and sculptor.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use