特集陳列 「災害-博物館と震災ー」展

東京国立博物館

このイベントは終了しました。

大正12年(1923)9月1日午前11時58分、関東地方に大地震が発生しました。神奈川県相模湾(さがみわん)沖を震源とした、「関東大震災(かんとうだいしんさい)」です。お昼どきだったため、東京や横浜は火災による被害が大きくなりました。当館では、明治14年(1881)に建てられたコンドル設計の本館が倒壊し、収蔵品にも被害が及びました。

今回は、当館に保管されている関東大震災に関わる資料を展示いたします。田代二見(たしろふたみ)による震災の様子を生々しく伝える油絵と、「大正震災志写真帖」や報告書、当館の被害状況を示す当時の職員による写真から、震災後の当館と上野周辺の状況をご覧いただきます。

また、震災からの復興の様子もお伝えします。倒壊した本館にかわって建設された新しい本館(現在の本館)建設の際の公文書や、建築図面、昭和5年(1930)に東京で行われた復興記念式典の様子をご覧いただきます。

メディア

スケジュール

2008年08月05日 ~ 2008年09月15日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use