イルバ・オーグランド 「道しるべの女 -眠りにつく」

シュウゴアーツ

poster for イルバ・オーグランド 「道しるべの女 -眠りにつく」

このイベントは終了しました。

シュウゴアーツでは、スウェーデン生まれ、ニューヨークで昨年注目のデビューを飾ったイルバ・オーグランドの日本における初の個展を開催します。

これまでオーグランドは、自分自身と家族をめぐる事柄を作品化してきました。それらは、ごく私的な関心から生まれたものでありながら、健全な良識とタブー、正統な美術史と今日的なテーマの構図、装飾的な表現と際どいモチーフなど、複数の要素が共存しています。

聖母マリアのイコンに由来するタイトルをもつ本展では、鏡をモチーフにしたペインティングの連作と父親の死に立ち会ったことから生まれたインスタレーションを発表します。本作において、オーグランドはスネフリード[Snöfrid](スウェーデン語で穏やかな雪という意味)という鏡の中の分身、双子の存在を明らかにし、シュウゴアーツからの質問に対して回答を送ってきました。"www.shugoarts.com/jp/oglandtext1.html"にて、やりとりの全文を読むことができます。

[画像: 「Traveling Oracle」 (2008) 油彩、キャンバス 81.3 x 68.6cm]

メディア

スケジュール

2008年06月28日 ~ 2008年07月26日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use