小松誠 「デザイン+ユーモア」

東京国立近代美術館

poster for 小松誠 「デザイン+ユーモア」

このイベントは終了しました。

1975年発表のクリンクルシリーズ――紙や布素材のシワを写し取ってカップや紙袋、パッケージ様の器とした作品――で一躍脚光を浴びた小松誠(1943 - )は、現代のプロダクト・デザイン界を代表する作家として国際的に高く評価されています。磁器の鋳込み成形によるセラミックを主体にした豊かでユーモアのある作品には、快適な生活への提案が溢れています。

アーティストトーク
小松誠(出品作家、プロダクトデザイナー)
日程: 2008年11月8日(土)
時間: 15:00-16:00
場所: ギャラリー4 *参加無料(要観覧券)、申込不要

[画像: 「Crinkle Series スーパーバッグ」(1997) 個人蔵]

メディア

スケジュール

2008年10月28日 ~ 2008年12月21日

アーティスト

小松誠

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use