高畠華宵 展

弥生美術館

poster for 高畠華宵 展

このイベントは終了しました。

2008年、高畠華宵は生誕120年を迎えます。大正末から昭和初期にかけて一世を風靡した挿絵画家・高畠華宵-。華宵は、新聞や雑誌の表紙・口絵・挿絵、そして便箋表紙絵を舞台に活躍、作品はもちろんのこと彼の存在そのものが日本全国の少年・少女そして若い女性の憧れの的となり、カリスマ性を持った挿絵画家として活躍しました。

憂愁の瞳、儚き青春、凛々しき美少年、奥床しき乙女たち…甘美で繊細な美しさにおいて比類なきセンスを発揮した華宵の作品は、現代では想像もつかないほど読者の魂に強く深く訴え、多くの人々を魅了したのでした。

本展では、「乙女の部屋」「華宵の部屋」の二つのゾーンに分けて展覧、初公開作品を含めた約500点を一挙公開いたします。気品と妖美が交錯し、今なお輝き続ける魅惑の世界をお楽しみください。

メディア

スケジュール

2008年01月03日 ~ 2008年03月30日

アーティスト

高畠華宵

Facebook

Reviews

Rebecca Milner tablog review

The Demure and the Moody: Kasho Takahata

Two charming museums in East Tokyo reveal the allure of Meiji to Showa illustration.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use