「コレクションの新地平ー20世紀美術の息吹」展

ブリヂストン美術館

poster for 「コレクションの新地平ー20世紀美術の息吹」展

このイベントは終了しました。

石橋財団創設者、石橋正二郎のあとを継いで、1981年理事長に就任した石橋幹一郎の没後10年を記念して、ブリヂストン美術館の20世紀美術のコレクションを紹介する展覧会を開催いたします。本展では、幹一郎が愛好した、ザオ・ウーキー、デュビュッフェ、ベン・シャーン等の戦後美術に加え、レジェ《コンポジション》、カンディンスキー《二本の線》、イマンツ・ティラーズ《自然は語る》をはじめとする、近年の新収蔵作品を一堂にご紹介いたします。20世紀美術から現代美術にいたるコレクションはブリヂストン美術館の新地平を暗示するものです。ブリヂストン美術館が発信する新たなメッセージを感じ取っていただければ幸いです

[画像: フェルナン・レジェ 「抽象的コンポジション」(1919) 油彩、カンヴァス]

メディア

スケジュール

2008年02月09日 ~ 2008年04月13日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use