ヴィック・ムニーズ 「ビューティフル・アース」

トーキョーワンダーサイト・渋谷

poster for ヴィック・ムニーズ 「ビューティフル・アース」

このイベントは終了しました。

本展は、2008年の新作シリーズ「ピクチャー・オブ・ガベージ」を中心に、大空に雲を描いた「ピクチャー・オブ・クラウド」、ブルドーザーで大地にコンセントなどを描いた「ピクチャー・オブ・アースワーク」、ピグメン(色土)で描いたピカソの「泣く女」など、計40点を展示し、そのほとんどが日本初公開となります。ムニーズの作品の特徴のひとつは、作品を構成する素材にあります。砂糖(サンパウロの路上生活の子ども)、チョコレートシロップ(最後の晩餐)、ピーナッツバター(モナリザ)、金属片や枯れ葉(セルフポートレイト)といった一瞬しか形をとどめることができないものです。これらの素材は、視覚以外の味覚、臭覚、触覚に刺激を与え、描かれたイメージは、時に、見る者の体にしみ込んでくるようです。そして作品に近づいた観客の関心は、イメージ自体からそのイメージを構成する要素に移行し、この世の真と偽を体験します。このような身近にある素材を用い、一見絵画かと錯覚させる生々しい立体感とスケールで平面と立体が同時に成立する独自のスタイルは、90年代はじめに確立され、絵画とは、写真とはという問いを投げかけ続けています。

本展のハイライト作品は、「ピクチャー・オブ・ガベージ」のシリーズで、大量の生活ゴミを用いて描かれた、神話や歴史上の人物のポーズを引用した「アトラス」、「母と子」、「マラーの死」などの計7点で、この度、世界で初めて一同に公開されます。この一連の作品は、リオデジャネイロにある南米最大規模のゴミ処理場「ジャジン・グラマーショ(Jardim Gramacho)」で清掃・廃棄物収集などに従事する人々とのコラボレーションによって制作され、彼らは、作品のモデルをつとめ、バスケットボールコート2面分の大きさで描かれ撮影されました。このようにムニーズは、地球狭しと言わんばかりに、世界中で人々を巻き込みながらさまざまなプロジェクトを展開し、精力的に作品を作り続けています。知的で社会的な意図を含みながらもユーモアあふれるムニーズの作品の世界を、みなさまにご堪能いただければと存じます。この企画は、本年度よりTWSが始めている環境とアートの新しい課題をクリエイティブに考えるシリーズ「Agenda of Art」のひとつになります。

-ヴィック・ムニーズによるアーティスト・トーク
日時: 11月23日(日) 15:00~17:00
参加費: 無料

[画像: 「アトラス(ピクチャー オブ ガベージ)」 (2008) デジタルCプリント 229.83cm×180.34cm]

メディア

スケジュール

2008年11月22日 ~ 2009年03月01日
年末年始(2008年12月29日~2009年1月5日)休館

アーティスト

ヴィック・ムニーズ

Facebook

Reviews

William Andrews tablog review

Art in a Handful of Dirt

Vik Muniz’s works offer new ways to view both society and famous paintings.

Yuya Suzuki tablog review

ヴィック・ムニーズ 「ビューティフル・アース」

拡張する手と目の背後に広がる風景

bidulo: (2008-12-17)

A small but well-put together exhibition. That body of work revolves around trash and rubbish. Make sure you watch through the video part to see how his stuff comes into being.

takatokyo: (2009-01-19)

yourboringandpatheticart: (2009-01-27)

Well about 20 years late and 18 years stale. In the beginning with his sugar drawings he seemed to have promise, but over the years Muniz has become more of a familiar schtick riding on his past and his, "OH SO COOL" technique. What questions arise? anythign that we have not heard in the last 30+ years. One, this one in particular, sees a strategy to be famous taking precedence over content and honesty of thought or probing. More of the same = morte of interest. Considering where it is t gets accolades for the "curators" to know who he is, but i am sure we can trace Muniz to a local gallery for that tidbt of mind blowing news and sourcing. It is what I expected, he fails to surprise or incite further probing or analysis, and wasnt that show last seson at NOA more than enough? one lame show by same "artist" show per 3-5 years is more than enough. Lets not squander the potential ofTWS on stale tarento that IS BEING ERASED from HISTORY FOR ITS SHORT comings and try to push art making forward into the bounds of expanded perception.

donald_japantimes: (2009-02-05)

Finding beauty in a world of waste
By DONALD EUBANK
Japan Times Staff writer

"If we live in a creative universe, we are constantly pushing the chaos out of the way to protect ourselves from the nonlogical — the natural," muses Vik Muniz at an interview late last year at Tokyo Wonder Site. "Even when you think, you create waste. But everything is made in a way to conceal the waste."

michael: (2009-02-27)

生活ゴミによって再生されるポップ。
「再構成」を考えさせるアート。

必見です。

http://michael-lady.blogspot.com/2009/02/vik-muniz-beautiful-earth.html

ramarama: (2009-03-01)

Vik Munizは私の好きな作家のひとりで、
とくにチョコレート絵画は素敵です。
今回はゴミ絵画です。ゴミのような、ではなく、ゴミで描くの。
あと、空に雲で描いたりもしています。面白い人だ......

http://ramarama.cocolog-nifty.com/ramarama/2009/03/post-4d3d.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use