森山大道 「I. レトロスペクティブ 1965-2005」 & 「II. Hawaii」

東京都写真美術館

poster for 森山大道 「I. レトロスペクティブ 1965-2005」 & 「II. Hawaii」

このイベントは終了しました。

このたび、東京都写真美術館では日本を代表する写真家・森山大道の個展「森山大道展Ⅰ.レトロスペクティヴ1965-2005/Ⅱ.ハワイ」を開催いたします。
商業デザイナーを経て、写真家・岩宮武二、細江英公に師事した森山大道が、フリーの写真家としてデビューをしたのは、1963年のことでした。“アレ、ブレ、ボケ”と形容されるハイコントラストや粗粒子図面の荒々しい写真表現で60年〜70年代の日本の写真界に一石を投じ、常に「写真とは何か」を問い続けてきた森山の作品は、初期の代表作『にっぽん劇場写真帖』(68年)、写真への問いをラディカルに突き詰めた『写真よさようなら』(72年)、スランプからの再起となった『光と影』(82年)、最新作『ハワイ』(07年)など、どれも注目を集めるものばかりです。そして、肌身離さず持ち歩いているコンパクトカメラは、一貫して路上から見える日常の断片をスナップショットとして収め、その力強い作品群から放たれる欲望、孤独、不安感は見る人の感情を大きく揺さぶります。
本展では、今日、世界的にも高い評価を受けている写真界の巨人・森山大道の「足跡」と「今」を2つの展覧会によって展開。「レトロスペクティヴ 1965-2005」では代表作に加え、未発表作を含む約150点を、最新作「ハワイ」では、神秘的な自然と人々の日常をモノクロームで捉えた、独自のハワイを一堂に公開。写真の根源を突き詰める森山の作品群を、思う存分にお楽しみいただける展覧会です。

- フロアレクチャー
会期中の第2・第4金曜日午後2時より担当学芸員による展示解説を行います。
3階展示室前にお集まりください。
(ご参加いただくにはⅠ.Ⅱ.共通券が必要です)

- 森山大道連続対論
5月23日(金) 18:00〜20:00
森山大道 × 大竹伸朗(美術家) 進行:笠原美智子(東京都写真美術館学芸員)
5月24日(土) 18:00〜20:00
森山大道 × 多木浩二(美術・写真評論家) 進行:清水穣(同志社大学准教授)
5月30日(金) 18:00〜20:00
森山大道 × 金平茂紀(TBSテレビ報道局長) 進行:岡部友子(東京都写真美術館学芸員)
定員:190名
参加方法 : 当日10時より展覧会チケットをお持ちの方に整理券をお配りします。

メディア

スケジュール

2008年05月13日 ~ 2008年06月29日

アーティスト

森山大道

Facebook

Reviews

tunes: (2008-05-17 at 09:05)

http://blog.livedoor.jp/tunes1/archives/52014705.html
普遍性を感じる素晴らしい写真です。
新作では、3枚のカラー写真が鮮烈でした。

starblog: (2008-05-22 at 08:05)

http://shasinbu.exblog.jp/8635872/
「ハワイ」は展示にもなかなかのインパクトがありました。

sightsong: (2008-05-23 at 00:05)

http://pub.ne.jp/Sightsong/?entry_id=1418310
絶望的なほどの内面と外面の衡平さ。無力感とその裏返しの生命感。ハワイの白が素晴らしい。

donald_japantimes: (2008-05-26 at 17:05)

A life on the streets
By Danielle Demetriou
Special to The Japan Times

"I see moments when the world seems extremely beautiful and moments when the world seems extremely ugly," says Moriyama. "Life is an endless succession of these moments. I'm more interested in what is raw — raw desire and raw beauty — rather than pretty things ... ''

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20080522a1.html

michi: (2008-05-27 at 01:05)

ハワイの撮影風景をとらえたドキュメント映像があって、何でもカメラで追いかけている素朴な森山大道の姿だった。やっぱり、と思わせる土着的な部分がハワイにはあって、アメリカの荒涼とした空気とか、モノクロ写真に刻まれていく記録はその撮影現場の雰囲気からは想像できないほど深かった。

タテとヨコの写真には何か決定的な差があって、前者がより近景で細部を大胆にとらえているのに対し、後者はより空間的にパースペクティブを強調しながら画面を作っている。ハワイの展示でもヨコの続く部屋とタテの部屋とに大きく分かれていて、はじめはあまりそれに気づかなかったけれど、ムービーを見ていると使い分けが必然的に思えた。

ヨコには当然ロードムービーのような空間力があって、好きな写真が多いのだけれど、タテのほうがドキッとさせる緊張感に満ちた作品が多い。レトロスペクティブにあった粒子の粗い物質感たっぷりの写真よりも、軽やかでスタイリッシュなものが『ハワイ』には多く、表現形式が変わらないからこそ、かえって時代の空気を素直にトレースしているように思えた。

http://www13.atwiki.jp/kmpnote/

artmagedon: (2008-05-29 at 03:05)

感情を大きく揺さぶる、かどうかは見た人次第。
そういったことはあまり重要ではないところが彼の作品の懐の深さがあり、自由さなのである。
報道か芸術かに頭を使うのは止めよう。
ただただ写真に反応する己を楽しみ、
都会の喧騒に身を投げ出してみれば、
誰もが唯一無二の日常を生きていることに気づかされ、それを慈しむことができるだろう。

e414: (2008-06-16 at 05:06)

初期の作品にパワーがあるのは、きっと当時の日本自体がリアルなエネルギーに満ち溢れていたからであろう。

森山大道の写真は時代を素直に反映する。

つまらない時代や土地ではつまらないものしか映らないのである。

romi: (2008-06-26 at 19:06)

レトロスペクティブお薦めです。かなりの作品数ですし、見応えあります。生プリント必見です。写真サイズがちょうどよく好きです。ハワイは逆に引き伸ばしすぎ感がありますね。。

romi: (2008-06-27 at 19:06)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use