内藤礼「すべて動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している」

神奈川県立近代美術館 鎌倉

poster for 内藤礼「すべて動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している」

このイベントは終了しました。

空間を満たす光、空気の揺らぎ、周囲の音――造形を取り巻く要素を作品の場へと呼びこむ、現代日本を代表するアーティストのひとり、内藤礼(1961- )。1980年代の後半から、「地上の生と世界との連続性」をテーマに、糸や布といった繊細な素材と、光や水などの自然の要素を、ひそやかな、それでいて確かな存在感を放つかたちに昇華させてきた彼女の作品は、国内外で静かな熱狂を呼んできました。

今回の個展は、ジョルジュ・バタイユが『宗教の理論』に記した一節をタイトルとし、内藤礼が、鶴岡八幡宮境内のモダニズム建築として名高い神奈川県立近代美術館鎌倉に、新作を中心とするインスタレーションを行うものです。展示室の閉ざされた空間と、館外の自然が交錯する中庭や彫刻室。鎌倉館独自の環境に置かれた作品群には順路が定められていません。その作品は、建物と屋外を経巡るひとりひとりの時間のなかで、かつてあった/未だ生まれざる世界の記憶を呼び起こし、見る人の生の時間と交感することでしょう。自然そのものを素材にする近年の仕事に加え、10年以上の時を経て電球光がふたたび取り上げられて、本展での制作が、これまでの時間を遡りながら、同時に新しい段階への移行を告げるものとなることを予感させます。

「水の中に水があるように」。世界と等質な全体性の奪回を希求する内藤礼が、鎌倉館にどのような作品を生み出し、また作品を媒介にどのような世界とのつながりを示してくれるのか、大きな期待が寄せられています。

内藤礼氏によるアーティストトーク
日時 2010 年 1 月11 日(月曜/祝日)午後2時より  
会場 神奈川県立近代美術館 鎌倉
予約不要、無料(ただし「内藤礼」展の観覧券が必要です)

[画像:内藤礼 《地上はどんなところだったか》(2009)撮影:畠山直哉]

メディア

スケジュール

2009年11月14日 ~ 2010年01月24日

アーティスト

内藤礼

Facebook

Reviews

James Jack tablog review

Nature giving birth to nature

A major new exhibition by the installation artist opens in Kamakura.

ジェームズ・ジャック tablog review

内藤礼 アーティスト・インタビュー

自然が生む自然 —「すべて動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している」

lssah: (2010-01-18)

美術館を使った有料の展示にもかかわらずこの内容の薄さはいかがなものか?

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use