アイ・ウェイウェイ 「何に因って?」

森美術館

poster for アイ・ウェイウェイ 「何に因って?」

このイベントは終了しました。

アイ・ウェイウェイ[艾未未]は、現代中国を代表するクリエイターのひとりです。美術、建築、デザイン、出版、展覧会企画など多岐にわたる分野で活躍していますが、とくに2007年の「ドクメンタ12」(カッセル、ドイツ)、2008年の北京オリンピックスタジアム設計に際するヘルツォーク&ド・ムーロンとのコラボレーションによって国際的な評価を高めました。

「アイ・ウェイウェイ展—何に因って?」は、本展のための新作6点を含め、1990年代以降の主要作品26点を紹介する過去最大級の個展となります。立体、写真、ビデオ、インスタレーションなど多岐にわたる表現を「基礎的な形体とボリューム」、「構造とクラフトマンシップ」、「伝統の革新と継承」という観点から見つめつつ、1999年以降の建築プロジェクトや出版物、ニューヨーク時代の写真なども併せて紹介します。アイの作品を横断的に読み解くことで、表現のジャンルとしては中間的で曖昧な領域から、文化的、歴史的、社会的な因果関係、「何が何に因って在るのか」、そして「自分はどこから来て、どこへ行くのか」という人間の根源的な問いが浮き彫りになってきます。
急速な経済発展、社会的変革の渦中にある中国に身を置きながら、独自の視点で現代を過去と繋ぎ、個人を世界と繋ぐアイ・ウェイウェイ。現代中国で最も刺激的なクリエイターが世界を見つめる眼差しを、展覧会を通して共有いただけることと思います。

関連イベントに関してはウェブサイト上でご確認ください。

メディア

スケジュール

2009年07月25日 ~ 2009年11月08日
9月22日(火)と11月3日(火)は22:00まで

アーティスト

アイ・ウェイウェイ

Facebook

Reviews

Michiko Tachibana tablog review

According to Ai

Mori Art Museum’s first solo exhibition of contemporary Chinese art.

TABuzz tablog review

TABuzz #10 with DadaD

Our Guest Blogger gives their recommendations on what’s hot in our new regular column.

TABuzz tablog review

TABuzz with Guest Blogger #8, DadaD(ミュージシャン)

TAB5周年パーティー参加DJ、Kate と Shigeに聞く、いま話題のキーワードをチェック。

cbliddell: (2009-09-12)

Ai Weiwei reviewed by METROPOLIS:

http://metropolis.co.jp/arts/art-reviews/ai-weiwei/

sherpa: (2009-09-12)


If this exhibition is in fact by, as claimed by the Mori Art Museum on its literature, "the most evocative creator in contemporary China", then Chinese artists may as well give up now.

It's hard to fathom how anyone could consider the work on show at the Mori as even vaguely "evocative", and the gallery's claim would be laughable did it not have the reputation it does in the Japanese art community, which therefore renders such claims both ignorant and irresponsible.

This is dull, derivative, unimaginative stuff and, following on from the appallingly presented Kaleidoscopic Eye exhibition before it, seriously brings into question what the current curator could possibly be thinking.

China is in fact home to a wealth of talented, imaginative and evocative artists, any one of whom would have created a show infinitely more engaging than this exhibition. What we are left with is just a perfect example of marketing over substance.

tomomi: (2009-09-19)

Although the subtitle was 「現代中国で最も刺激的なクリエイターの挑戦」(the challenge of contemporary china's most stimulating artist), the exhibition was very tame and very polished.

He's established with a capital E.

curejazz: (2009-10-13)

写真が自由に撮影できるというのは面白いですね。
アートを対象にして、また新しいアートが生まれる可能性がある気がします。作品をレンズを通してですが、別の視点から見ようと自然にするので、いつもとは違う気づきもありました。

JINNO: (2009-10-25)

工芸とアートを同居させたような作品手法は、日本との共通点も感じられます。
http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10364567889.html

takatokyo: (2009-11-08)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use