「発掘された映画たち2009」上映

東京国立近代美術館フィルムセンター

このイベントは終了しました。

近年新たに発掘・復元したフィルムをまとめて上映する「発掘された映画たち」は、1991年から数えて第7回目を迎えました。今回は、最新のデジタル技術で復元された3作品――『羅生門』(1950年)、『槍供養』(1927年)、『繪日傘 第二話狸大盡』(1930年)――のほか、全米日系人博物館から寄贈されたフィルムの復元第2弾や、占領期に製作された「CIE映画」の選集第2弾など、 1899年の『紅葉狩』から1954年の『ママの新婚旅行』までの55年間に渡る計44作品を、12のプログラムに構成して上映します。本企画が、芸術的・歴史資料的に高い価値を有する文化遺産としての映画を再検証する場となれば幸いです。

プログラム詳細についてはサイトをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2009年04月21日 ~ 2009年05月03日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use