ジョルジュ・ビゴー 展

東京都写真美術館

poster for ジョルジュ・ビゴー 展

このイベントは終了しました。

文明開化の時期に来日したフランス人画家、ジョルジュ・ビゴー(1860-1927)。急速に近代化する日本を目の当たりにした彼は、好奇心と親しみを持って、さまざまな日本の情景を描き、その姿を西洋に伝えました。

数多く残された作品のなかでも、西洋を追いかけて近代化する日本が描かれた画集『あさ』『また』『おはよ』や『クロッキー・ジャポネ』などは、来日直後に彼が見た日本が生き生きと映し出された傑作です。歴史教科書で著名な「釣りの勝負」が収録される雑誌『トバエ』では、美しい日本を捨て、ひたすらに欧米の真似をすることが高尚だと信じていた明治の日本人の姿を見過ごすことなく伝えました。

しかし、ビゴーが共感と同情を込めて描いた作品は、当時の日本人にとっては快いものではなかったのかもしれません。官憲から目をつけられたビゴーに対して、日本人の目は徐々に厳しいものに変わっていきました。帰国後、パリで風刺挿絵画家としてデビューをしたビゴーですが、わずか6年で郊外へと移住。生活のため、挿絵の仕事を引き受けて暮らしたといいます。

本展では、渡日前にビゴーが描いた新聞や雑誌への挿絵から、日本で出版した画集、そしてこれまであまり紹介されることのなかった帰国後の作品など、彼の仕事を網羅する資料を展示することで、ビゴーの全生涯を明らかにいたします。

近年発見された『クロッキー・ジャポネ』のオリジナル銅版の展示のほか、この原版数点からのプリントなど、貴重な試みも行う予定です。美しい日本をこよなく愛し、世界に伝えたビゴー。幕末や明治初期の風俗、磐梯山の噴火、日清戦争など日本の初期写真を併せて紹介することで、写真史からみたビゴーの魅力と、ビゴーを魅了した日本の姿にもせまります。

関連イベントの詳細に関してはウェブサイトをご覧ください。

メディア

スケジュール

2009年07月11日 ~ 2009年08月23日

アーティスト

ジョルジュ・ビゴー

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use