「Helvetica forever: Story of a Typeface ヘルベチカ」展

ギンザ・グラフィック・ギャラリー

poster for 「Helvetica forever: Story of a Typeface ヘルベチカ」展

このイベントは終了しました。

2月のギンザ・グラフィック・ギャラリーは「Helvetica forever: Story of a Typeface ヘルベチカ展」を開催いたします。
誕生から半世紀を経た現在でも、最も知られた欧文書体として根強い人気を保ち続けている「ヘルベチカ」。今回の企画展では、幅広い用途に使える造形と調和性で、身近な街角の書体から多くのグローバル企業の指定書体まで、世界市場を席巻し驚くべき広範囲にわたり使用されているこの魅力的な書体を取り上げます。
会場では日本人デザイナーを含む数多くの国のグラフィックデザイナーによってデザインされたポスターや数々のグッズなど、ヘルベチカを使用した様々な時代の作品や資料を展示。その魅力と実績を、ラース・ミュラー社代表のラース・ミュラー、デュッセルドルフ応用技術大学のヴィクトル・マルシー、フィリップ・トイフル、三氏のキュレーションによりご紹介いたします。また展覧会に合わせ、ラース・ミュラー、ヴィクトル・マルシー両氏による著書『Helvetica forever』の日本語版も刊行の予定です(ビー・エヌ・エヌ新社)。クラシックにして先端、ヘルベチカの世界をぜひお楽しみください。

-ギャラリートーク
日時: 2月5日(木) 16:00-17:30
出演: ラース・ミュラー、ヴィクトル・マルシー、フィリップ・トイフル
会場: DNP銀座ビル5階

メディア

スケジュール

2009年02月05日 ~ 2009年02月28日
土曜日は18:00まで

オープニングパーティー 2009年02月05日17:30 から 19:00 まで

Facebook

Reviews

m_ishid: (2009-02-05)

地下の、鉛筆書きのフォントに心を奪われました。

http://d.hatena.ne.jp/tsuchimi/20090205

artmagedon: (2009-02-17)

あちこちで良く見る書体、をあらためて観てみる。

こういった環境が設けられなければ、この文字の力強さやフォルムの美しさを見直すこともなかったかもしれない。

会場を出てから街に溢れる無数のHelveticaと再会したとき、私はそのことを強く感じた。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use