「生誕125年 -知られざる竹久夢二-」展

竹久夢二美術館

poster for 「生誕125年 -知られざる竹久夢二-」展

このイベントは終了しました。

明治17年9月16日生まれの竹久夢二(1884-1934)は、今年生誕125年を迎えます。明治・大正・昭和に渡り、49歳11ヶ月の人生を駆け抜けた夢二は、センチメンタルな情趣に満ちた「夢二式美人画」をはじめ、幅広い分野で作品を残し、大正ロマンを象徴する画家・詩人として、大衆に支持されました。
 
芸術面で才能を発揮するだけでなく、夢二は恋多く旅を重ねて、コスモポリタンともいえる生き方を貫き、時代を越えて今なおその生涯についても語り継がれています。夢二没後、展覧会や画集等を通じて「竹久夢二」が、様々な形で紹介されてきましたが、まだクローズアップされていない夢二の一面や、未公開の作品も存在し、その魅力は尽きることがありません。

本展では生誕125年を記念し、夢二の仕事を多角的に再考すると共に、これまで余り知られていない素顔や、当館所蔵の未公開作品を出展し、夢二が築いた美の世界を、改めてご紹介したいと思います。

-学芸員によるギャラリートーク
7/12(日)・8/9(日)・9/13(日)午後3時より、展示解説を行います。(申込み・参加費不要)

メディア

スケジュール

2009年07月03日 ~ 2009年09月27日
9/15~27の間は無休

アーティスト

竹久夢二

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use