「動物を愛した陶芸家たち バーナード・リーチから形象土器へ」展

ニューオータニ美術館

poster for 「動物を愛した陶芸家たち バーナード・リーチから形象土器へ」展

このイベントは終了しました。

陶芸の歴史の中で、動物がモチーフとなってきた例は国内外において極めて幅広く見られます。実際に、現在でも生活の道具として使われる形象土器は、動物を精霊として崇めるなど、自然界の中で人々の暮らしと結びついた動物が、土器に映し出されています。それに対して、現代作家たちによる動物の作品では、さまざまな思いを動物の形を借りて個性豊かに仕上げています。

本展では、バーナード・リーチをはじめとする海外の現代作家の作品、河井寛次郎、八木一夫、藤平伸などの国内の現代作家の作品、また古来より自然と密接に関わってきたパプアニューギニアやインドネシア、ペルーなどで現在使われている形象土器を3つの章に分けて紹介いたします。

メディア

スケジュール

2009年04月25日 ~ 2009年07月05日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use