poster for 松原慈 「PUBLISHED」

このイベントは終了しました。

松原慈は1977年生まれの女性アーティストです。東京大学大学院学際情報学府、そしてロンドン・バーレット建築学校の両校にて修士号を取得。在学中より国内にとどまらず、世界各地の展覧会への参加や展覧会場の空間構成およびアートディレクションを手掛けてきました。複合領域的な活動を多彩な分野で実践する「assistant」の創設メンバーでもあります。

松原の作品世界は、存在/不在、反射、バランス、透明/不透明、動き、視界、あるいはコンセプトや思考、そのようなたくさんのキーワードが浮かび上がる空間として呈示されます。そこからは、「建築」という土台・手法の上に、美学、社会学、音楽など様々な領域の思考方法が多層的に織りなされ構築されている様相を見てとることができます。「カテゴリーや職業という概念を、幼い頃から理解できたことがない」と松原が語るように、「建築」という学問的経歴を経ながらも、複合的に呈示される作品空間は、ひとつの分野や領域といったものの「区切り」が融解しているかのようです。

ある秩序にそって呈示されるイメージ・オブジェ。幾重にも重ねられた思考の結果としての空間。そして松原が掲げる、存在するがそれがなんであるのかを認識できない「存在の不在」という概念。松原の作品には、意味を読み取るという行為自体がそもそも可能なのかどうかを、観る者に問いかけてくるかのような緊張感が漂います。この度Ongoingにて展開される松原の新たな試みを、是非多くの方に拝見していただければと思います。

「人は自分のいる土地を匂いで知ろうと、土の中に指をつっこむ。ぼくは世界に指をつっこむけど、なんの匂いもしない。ぼくはいったいどこにいて、世界とはいったいなんなんだ?」
― キェルケゴール

「そこにある私」が「そこにあるもの」を手折り、香り、運び、閉じ込め、結局のところ手放し、ふたたび別の場所へ差し出す一連の動作の完了を「PUBLISHED」とよびます.PUBLISHEDは、アートセンター・オンゴーイングで展示されたあと、ばらばらにされ、スウェーデンのアートパブリケーションMUSEUM PAPER1000部の誌面上に巡回します.

OPEN CINEMA|特別上映会 8月1日(土)19:00~
上映作品1「MY IMAGINARY LAGOS|私の(架空の)ラゴス」
(2009, 松原慈, 日英)
架空のラゴスを写真と映像とで記録した未発表のショートドキュメンタリーを上映します。
上記の作品に関連し、木更津市の児童養護施設とラゴスの孤児院にて、「(架空の)」をテーマにした子どもたちとの対の作品制作が行われました。上映後のゲストに、ワークショップをオーガナイズした、ナイジェリア人ファッションデザイナー・Gozi Ochonogorを迎え、ラゴスについて、出会った子どもたちについて、「私の(架空の)」について、紹介します。

上映作品2「比較的短い時間単位内の数人の人物の通過について」
(1959, ギー・ドゥボール, 仏)
ギー・ドゥボールによる伝説の映画作品を、特別日本語字幕付で上映します。ドゥボールは、1952年から1978年の間に6本の映画を作りましたが、84年に映画のスポンサーであったジェラール・レボヴィッチが暗殺され、以来約20年間、それらの映画作品の上映は、本人によって禁じられていました。オープンシネマでは、その中から一本を少し変わった字幕方式で上映します。
入場料:1000円(2作品同時上映, 1drink込み)

DISTRACTED TEA PARTY|落ち着かないお茶会 8月8日(土)16:00~
ゲスト:荏開津広氏
ゲストスピーカーに、荏開津広氏(音楽評論家)を迎え、特別な視聴覚環境のもと、対話の(不)可能性を探求します。氏の近著「人々の音楽について」の紹介に始まり、朗読、映像、クッキー、紅茶、とりとめもない断片に、ゲストとオーディエンスが絡み合い、今もさっきもあとでも同時に起こる、落ち着きのないお茶会となるでしょう。
入場料:1000円(1drink込み)

PRE ONGOING SCHOOL|レクチャー 8月9日(日)15:00~
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー。
お好きなケーキとお飲物がついてきます。
料金: 1500円(ケーキとドリンク付き、先着30名様)

メディア

スケジュール

2009年07月29日 ~ 2009年08月09日

オープニングパーティー 2009年07月29日19:00 から
音楽セレクションはPMKFA (It's Our Thing), EGA (One Hand Clapping), SATOSHI (Meteor)

アーティスト

松原慈

Facebook

Reviews

Naoki Matsuyama tablog review

To Share Realities

An artist's work explores the nature of found art, publication and transference.

Naoki Matsuyama tablog review

松原 慈 「PUBLISHED」

現実たちを共有すること

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use