「エレメント 構造デザイナー セシル・バルモンドの世界」展

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for 「エレメント 構造デザイナー セシル・バルモンドの世界」展

このイベントは終了しました。

セシル・バルモンドは、エンジニアリングの枠を越えて建築家と創造的な協働を行う構造デザイナーです。構造エンジニアと聞くと、建築家によってデザインされた建築を、力学や施工などの制約をふまえて物理的に成り立たせ、建物にじょうぶな骨組みを与えるための技術的なサポートをする縁の下の力持ちとしての役割がイメージされるでしう。しかしバルモンドの仕事はそこにとどまりません。「丘の上に空飛ぶ絨毯のように家を飛ばしたい」「運動がみなぎる四角の箱をつくりたい」建築家から寄せられるこのようなリクエストに独特のアプローチで挑み、彼らの実験的な思考を実現に導くバルモンドには、世界中の建築家から期待と信頼が寄せられています。

スリランカに生まれ育ち、アフリカ、ヨーロッパで化学、数学、建築を学んだバルモンドは、イギリスの総合エンジニアリング会社アラップに加わり、以来レム・コールハース、伊東豊雄、アルヴァロ・シザを始めとする世界の名だたる建築家とともにさまざまなプロジェクトを手掛けてきました。バルモンドが生み出す新しい幾何学は、建築を従来の四角、三角、円を基本とした静的で閉じたものから解き放ち、複雑さをはらんだ動的で有機的なものへと飛躍させて現代建築の可能性を大きくひらきました。最新のコンピュータ技術と施工技術を駆使しながらも、バルモンドの思考の原点は私たちにとって身近なものにあります。太陽を求めて回転しながら成長する植物、枝分かれする葉脈、燃えさかる炎のゆらめき、刻々と変化する陽の光。自然のしくみに注目し、その豊かで美しい秩序を構造に採りいれるバルモンドは、建築に脈動、鼓動を与えて命を吹き込みます。

メディア

スケジュール

2010年01月16日 ~ 2010年03月22日

アーティスト

セシル・バルモンド

Facebook

Reviews

tadaoh: (2010-01-28)

http://tadaoh.net/design/2010/01/post-594.html

一番の目玉はやはり「H_edge」でしょうか。
これは写真からではその魅力は伝わってこない。
実際にその場で体感することにより得られる感覚。
そこが構造デザイナーならでは魅力だと思います。

mayushe: (2010-02-11)

H_edgeを体感できたのは良かったが、展示会自体としては、ちょっと物足りないかも。。

http://www.flickr.com/photos/alternative/4347917935/in/photostream/

cbliddell: (2010-02-20)

CECIL BELMOND

An architectural genius gets placed on a pedestal at Tokyo Opera City

There will always be a demand for people like Cecil Balmond, the British mathematical genius and structural engineer behind some of the most eye-catching architectural projects of the last several decades.

http://metropolis.co.jp/arts/art-reviews/cecil-balmond/

henacyoko: (2010-03-20)

《H_edge》に「触りたいけど触れない」という禁欲的な楽しみがありました。
http://henacyoko-art.at.webry.info/201003/article_6.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use