「古代ローマ帝国の遺産」展

国立西洋美術館

このイベントは終了しました。

人類史上、比類ない長さと広さを誇った古代ローマ帝国。本展では、帝国の誕生から繁栄の極みを、美術品と考古資料で紹介しながら、ほぼヨーロッパ全土に栄光を維持させた秘密に迫ります。紀元前1世紀、ユリウス・カエサルと、その遺志を継いだ養子のオクタウィアヌス(後のアウグストゥス)の活躍によって、変貌を遂げた都市国家ローマ。第1章『帝国の誕生』ではその過程を辿り、第2章『アウグストゥスの帝国とその機構』では帝国全土に平和をもたらしたアウグストゥスの統治システムを、また第3章『帝国の富』では、「最も幸福で繁栄した時代」の帝国の豊かさを見ることができます。帝国絶頂の西暦79年、ウェスウィウス(ヴェズヴィオ)火山の噴火で埋もれたポンペイから出品される壁画や銀食器などからも、当時の豊かな暮らしぶりを窺うことができます。本展は、ナポリ国立考古学博物館をはじめイタリア各地に所蔵される魅力的な作品約120点による、かつてない規模と充実した内容となっています。

メディア

スケジュール

2009年09月19日 ~ 2009年12月13日

Facebook

Reviews

cbliddell: (2009-11-08)

THE NMWA ASKS "WHAT DID THE ROMANS EVER DO FOR US?"

Anyone who’s ever seen the Monty Python movie Life of Brian will remember that classic scene where a group of Judean revolutionaries are complaining about Roman rule and taxation. One of them asks, “And what have they given us in return?” only to be answered by a long list of improvements brought by the Romans—aqueducts, sanitation, roads, irrigation, etc.

Read more>> http://metropolis.co.jp/arts/art-reviews/heritage-of-the-roman-empire/

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use