マストワン 「妖怪」

NANZUKA

poster for マストワン 「妖怪」

このイベントは終了しました。

マストワンの新作個展「妖怪」。2005年以来、約3年ぶりの当ギャラリーにおける個展となる本展では、過去のキャンバスとオイルチョークを中心とした平面作品から一変し、新たにシリコン樹脂を用いた平面作品及び立体作品などを展示いたします。

マストワンは、自身の表現活動の根幹を担うインスピレーションとして、日本古来から伝わる魑魅魍魎(妖怪)に関する表現について、独自の研究を進めてきました。時にコミカルに、時にシリアスに、時に人々を困らせる悪として、時に人々を戒める善として描かれる妖怪。マストワンはその存在に魅了される人々の精神性に注目します。

私たちが、しばしば感じ取る神秘や畏怖といった観念は、マストワンの作品における最も重要な要素です。「宿る」という言葉に象徴されるように、人間の最も研ぎすまされた感性が感じ取る“何ものか”を、マストワンは妖怪として描き出します。マストワンの描く妖怪画が、ステレオタイプのモンスター像ではないのは、そのためです。

本展に向けて、マストワンは自身の特別な体験を基に、作品のモチーフを厳選しました。今回描き出された作品たちは、マストワンが覗き見たパラレルワールドに生きるモノたちの形象であり、またそれによって彼自身が救われるような「快感」を追求して表現されたものです。マストワンは「怪に魅了される快楽即ち怪楽」と語っていますが、その心は私たち万人に宿る感性なのではないでしょうか。

メディア

スケジュール

2009年06月27日 ~ 2009年08月01日

アーティスト

マストワン

Facebook

Reviews

TABuzz tablog review

TABuzz #4 with Yosuke Kurita

Our Guest Blogger gives their recommendations on what's hot in our new regular column.

TABuzz tablog review

TABuzz with Guest Blogger #3, 栗田洋介(GRANDBASE)

CBCNETの運営をはじめ、国内外のクリエイターをつなぐ彼のBuzzwords.

Nobuhiko Terasawa tablog review

マストワン 個展「妖怪」

不可視性によるあらたな感覚の覚醒

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use