名和晃平 「L_B_S」

メゾンエルメス

poster for 名和晃平 「L_B_S」

このイベントは終了しました。

次回フォーラムの展覧会では、現在飛躍的に活躍している作家、名和晃平の新作を発表します。名和晃平(1975生)は、2000年に初めて作品を発表して以来、思わず手を触れたくなるような迫り来る素材感と、その完成された造形美で国内及び海外での活動も注目されています。2005年にはメゾンエルメスのウィンドウ ディスプレイをデザインしています。

名和の作品を語るにあたって、重要な概念は「表皮」と「セル(細胞)」です。代表作 「PixCell-…(ピクセル)」 シリーズでは、動物の剥製、スニーカー、楽器、玩具、果物のレプリカといったオブジェクトの「表皮」をそれまでとは異なるフェーズ(様相)へと変容させます。透明で無数のガラスビーズの膜は、作品と見る者の間に立ちはだかる新たな界面です。また、それは本来のオブジェクトの質感やリアリティーを透過する「セル」として、我々の身体にすり込まれた手触りの記憶や、そのオブジェクトに対する視覚の既成概念をも狂わせます。

今回の展覧会で名和は、今まで取り込んできたマテリアル(物質/素材)をさらに大規模に生成させます。タイトルが示唆する、リキッド(LIQUID)、ビーズ(BEADS)、スカム(SCUM)は、どれも「表皮」を変容させる「セル」 であると同時に、3つのフェーズを映し出す段階でもあります。リキッドは「セル」が液状の母体から沸々と生まれ出る過程であり、生成した「セル」がオブジェクトの表面に付着し媒介するのがビーズ。ビーズによる媒介がリミットを超えたとき、「セル」の残滓の塊はスカムへと膨張をはじめます。それぞれのマテリアルが独自の代謝を繰り返しながら作品の界面となり、さらに名和の卓越した造形感覚によって圧倒的な美しさを与えられるのです。

ひたすら脳だけを経由する情報の海のなかで溺れ、日に日に麻痺していく身体感覚。名和の作品は、我々を覆う皮膜を自覚させるところから始まり、網膜(視覚)や皮膚(触覚)といった生の皮膜を激しく揺さぶります。それは、実際にフィジカルな手作業でマテリアルに立ち向かう、名和の造形に対する身体感覚が注がれた、感覚を喚起する装置とも言えるでしょう。

[画像: ©OMOTE Nobutada、提供 Hermès Foundation]

メディア

スケジュール

2009年06月19日 ~ 2009年09月23日
月-土: 11:00 - 20:00 (最終入場: 19:30) 日: 11:00 - 19:00 (最終入場: 18:30)

アーティスト

名和晃平

Facebook

Reviews

Sophie Knight tablog review

The Queasy Trinity

Three new works by Kohei Nawa continue his exploration of skin, surfaces and borders.

TABuzz tablog review

TABuzz #6 with Chie Sumiyoshi

Our Guest Blogger gives their recommendations on what’s hot in our new regular column.

Rei Kagami tablog review

名和晃平「L_B_S」展

ガラスブロックの非現実的な空間でリアルに皮膚感覚を揺さぶる新作展

TABuzz tablog review

TABuzz with Guest Blogger #5, 住吉 智恵(アートエディター/ライター)

アートエディター、ライターに聞く16words。

Yohei Yasuda tablog review

名和晃平「L_B_S」展

ひとりの作家に対するいろんな評価

yourboringandpatheticart: (2009-07-09)

Delightfully disposable.

henacyoko: (2009-07-19)

会場と作品が見事に解け合った個展でした。
http://henacyoko-art.at.webry.info/200907/article_13.html

bapa: (2009-07-22)

エルメスに縁のない人間なので入りづらかったが
展示は面白いです
シリコンから泡が出てくる展示は吸い込まれそうな感覚がよい

jinno: (2009-08-11)

個人的に好きな作家さんです。3つの作品から生を感じます。
http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10315165730.html

kico16: (2009-08-12)

それぞれの素材の質感が生かされていて、観ていて吸い込まれそうでした。
おすすめはリキッドです。ぜひ実物をご覧ください!

utsushimi: (2009-08-16)

いわゆる生命感、生々しく、などど表現される感覚は、(何かによって)生物の内部から発せられるものという既成観念があったように思えます。しかし表皮からなにかを受け取っているとしたら?作品としては3つだけなんですが、おなかいっぱいになるまで楽しませてもらいました。

kayo094: (2009-08-19)

不思議な感覚ずっとずっと見ていられる感じでした。
http://cocothouse.exblog.jp/10121538/

unbirthday364: (2009-08-24)

The works look charming in the space full of light, especially "BEADS" and "LIQUID" are gorgeous. Maison Hermes le Forum must be one of the best places to see these works.

http://unbirthday364.blogspot.com/2009/08/lbs-kohei-nawa.html

takatokyo: (2009-09-09)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2016) - About - Contact - Privacy - Terms of Use