「G-tokyo 2010」アートフェア

森アーツセンターギャラリー

poster for 「G-tokyo 2010」アートフェア

このイベントは終了しました。

アートは身近なもの、現代美術は決して難解じゃない。そう言われて久しく、アートファンの裾野は広がり、気軽に作品を購入し、展覧会に足を運ぶ人が増えました。

確かに、現代アートの扉は万人に開かれています。

しかし真にその醍醐味を知ることができるのは、深遠に分け入り、その複雑な奥深さに引き込まれ、リアルタイムに変化するアートシーンのダイナミズムを、身をもって感じた人なのです。

わかりやすいアート、と表面的な満足に終始するだけでは、すぐに飽きてしまうでしょう。それではただ情報に流されてモノを消費するのと変わりません。

なぜ、アートは特別なものなのか。アートを買う、アートと生活するということにはどんな意味があるのか。 今、それを問い直す時期に来ているのではないでしょうか。

国際規模のマーケットや名だたる美術館、コンテンポラリーアートのフロントラインで活動してきた15のギャラリーが集まり、今までになかった新しいアートフェアを開催し、改めてアートの意味を探ります。なんでもある、のではなく、特別なものしかない。規模を大きくするのではなく、じっくりと、質の高いギャラリーショウを通じて、コンテンポラリーアートの醍醐味をお客さまに体感していただく。そんなギャラリーの基本に立ち返り、1年に1度の、特別な3日間を演出したいと考えました。

クオリティと審美眼、時代を捉える感覚を備えた15の現代アートギャラリーが創出する「G-tokyo 2010」。アートを観る、買う。その核心に触れる、特別なフェアにご期待ください。

メディア

スケジュール

2010年01月30日 ~ 2010年01月31日
11:00-20:00、1月29日(金): VIP/プレスプレビュー ご招待者のみ 14:00-19:00

Facebook

Reviews

William Andrews tablog review

G-tokyo 2010 -- A New Art Fair

A stylish art fair is born at Mori Arts Center Gallery.

sprmario: (2010-01-31)

「アートを買う」「アートと生活する」ことの意味を体現しているアートフェアでした。

http://d.hatena.ne.jp/separate-ks/20100131/1264919494

hitanioka: (2010-01-31)

セレブな雰囲気が漂っていますが、豊かな作品が多数出品されていて楽しめます。これを無理して買ったとして、生活は・・家は・・生活は・・と想像してみるのも一興。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use