「万華鏡 -世界を映す小さな鏡-」展

Bunkamura ザ・ミュージアム

poster for 「万華鏡 -世界を映す小さな鏡-」展

このイベントは終了しました。

14世紀から16世紀にかけ、イタリアを中心にヨーロッパ諸国で起こったルネサンス。古代の文化を復興しようとする歴史・文化的運動であり、ダヴィンチやミケランジェロなど多くの芸術家が生まれました。

所変わって20世紀アメリカ。この土地でもルネサンスが起こっていたことをご存知でしょうか?1960~70年代にかけて、万華鏡を人の心に癒しやインスピレーションをもたらすものとして再認識する動きが始まり、ブームとなったのです。複数の鏡を組み合わせる基本構造に、木工・ガラス工芸などの様々な分野から技術やアイディアが持ち込まれ、その専門の技術が濃縮された万華鏡は、大人のための芸術品として発展しました。この運動はカレイドスコープ・ルネサンスと呼ばれ、現在アメリカでは150人以上の万華鏡作家が活躍しており、その波は日本へもやってきています。

本展では、この劇的に変化した現代万華鏡に着目し、日本をはじめとする世界の万華鏡アーティストの最新作や限定品など約600点を一堂に展示。すべて実際に覗いて鑑賞していただけます。年に一度しか開催されない本展は、種類・数・質ともに日本国内において最大規模となり、初心者からコレクターの方まで楽しめる内容となっています。また、人気万華鏡作家によるワークショップも開催しますので、見るだけでは物足りないという方も、自分だけのオリジナル万華鏡にきっと満足していただけるでしょう。そして今回は万華鏡のほか、魅力的なアクセサリーを4ブランドご紹介します。

メディア

スケジュール

2009年09月16日 ~ 2009年09月30日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use