バーバラー・フラッテン 「Tokyo Flirt」

ギャラリー・ストレンガー

poster for バーバラー・フラッテン 「Tokyo Flirt」

このイベントは終了しました。

バーバラー・フラッテンは1970年、ドイツのケルン生まれで、マインツにあるヨハネスグーテンベルグ大学では美術と哲学を学びました。ぺインターとして始まった彼女のキャリアはある一人のコレクターの目に留まった絵の下地として撮った写真からでした。以来写真家としての評価が上がり、結婚、そして出産を機に写真に専念するようになりました。ヨーロッパのみでなく日本でも徐々に発表の場を広げてきた彼女は2006年に東京に移り住んでからしたためてきた新作を含めた作品約10点を披露いたします。2006年から始まったヨーロッパの女性作家4人で始めた"Transformiable"グループ展も4回目を迎え、今年の夏はルーマニアのMuseum
of Timisoaraを巡回し、好評を博しました。

東京-世界中のどこよりもめまぐるしく動く巨大な街と人。彼女の目に映る東京の人々はいつもじっとしていることがありません。みんな忙しく動き回っています。本当に忙しいのかどうかなんてわからないが、とにかくそれがとても新鮮だった。「写真を撮るのは仕事のうちのたった1パーセント」と言うフラッテンも東京に来て以来動き回っています。彼女が出会う人、歩く街並みからもらうインスピレーションが次の制作への糧となっているのです。東京という街を35mmカメラで戯れるフラッテン自身がまさにTokyoFlirtなのです。

メディア

スケジュール

2009年01月17日 ~ 2009年01月31日

オープニングパーティー 2009年01月17日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use