アロイーズ 展

ワタリウム美術館

poster for アロイーズ 展

このイベントは終了しました。

アロイーズは、1886年にスイスで生まれ、ポツダムのサンスーシ宮殿でヴィルヘルムⅡ世の王室付司祭の子どもたちの世話係の職などを務めた。31才で統合失調症となり、32才から78才でなくなるまでの46年間を病院で過ごし、自分の精神世界を追い求めて絵を描き続けました。アロイーズの芸術性は、1947年、フランスの画家、ジャン・デュビュッフェ(1901-1985)により、見出されて世の人の知るところとなります。デュビュッフェは、このような美術の概念に束縛されない自由な表現を、アール・ブリュット(フランス語=生の芸術)と命名しました。

本展覧会では、アロイーズ研究の第一人者であり、アロイーズ財団の会長でもあるジャクリーヌ・ポレ=フォレル医師により厳選された、アロイーズ作品85点を展示します。10メートルを超えるものや、世界未公開作品も含めた、日本初の大規模な個展です。

アール・ブリュットへの関心が高まる日本において、その概念の原点に位置し、最も重要な作家として、ヨーロッパで高く評価されているアロイーズを広く見渡す事のできる機会となります。

トーク、関連イベントについてはサイトをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2009年05月16日 ~ 2009年09月02日

Facebook

Reviews

shumai: (2009-07-08)

物の捕え方、世界の構築の仕方が常人と異なる人の頭の中が少し覗けた気分がしました。どんな人も一人一人異なる世界を持つことを再認識。

curejazz: (2009-08-14)

溢れる愛されたい、愛したいという気持ち。
洪水のようでした。

taiyaki: (2009-08-19)

素晴らしいアーティストの作品と、出会うことができました。他の背景は、もう後付けの理由でもいいきがします。生きるように描く人の絵画に、注釈ほど野暮なことはないでしょう。
http://taiyaki100.blog12.fc2.com/

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use