レベッカ・ホルン 「静かな叛乱 鴉と鯨の対話」

東京都現代美術館

poster for レベッカ・ホルン 「静かな叛乱 鴉と鯨の対話」

このイベントは終了しました。

この秋、ドイツの現代美術家レベッカ・ホルン(1944 - )の、日本で初めての個展を開催することになりました。

羽や角をまとうパフォーマンスで知られるレベッカは、二十歳代での「ドクメンタⅤ」展参加以来、次々と新たな領域に挑戦する精力的な活動を通して、美術のみならず、ダンスや映画の愛好者をはじめ、多くのひとびとを魅了してきました。

他者とのコミュニケーションの回復や、自然との交感を求める初期のパフォーマンスで着用した知覚の拡張装置はやがて、機械仕掛けで動く立体作品へと展開していきます。その後、滞米生活の中で着手した長編映画では、これら動く彫刻を取り込み、その意味の変容を軸とした映像世界を展開しています。また1980年代に活動の拠点を母国に移してからは、近現代史と直接向き合い、個人の体験を社会の記憶と結びつける作品は高い評価を得てきました。近年は、作曲家との協働によるインスタレーションや舞台美術、のびやかなドローイングを手がけ、その自由な創造は常に新たな関心をひきつけているのです。

本展は、パフォーマンスの記録から長編映画まで、映像の代表作全てと、絵画や彫刻の近作をあわせ、それぞれのメディアを関係づけながら展開してきた活動を本格的に紹介するものです。自然や人間の様々なエネルギーの流れを、目に見えるかたちに変換していく、独自の創造の軌跡を堪能するまたとない機会となるでしょう。

関連イベントのスケジュールはHPをご覧下さい。

[画像:映画 「ダンス・パートナー」 1978 Ⓒ2009:Rebecca Horn]

メディア

スケジュール

2009年10月31日 ~ 2010年02月14日
11月23日、1月11日は開館、11月24日、12月28日~1月1日、1月12日は休館

アーティスト

レベッカ・ホルン

Facebook

Reviews

Rebecca Milner tablog review

Discordant Symphonies

A new retrospective of German artist Rebecca Horn juxtaposes extremes.

TABuzz tablog review

TABuzz #11 with Shai Ohayon

Our Guest Blogger gives their recommendations on what’s hot in our new regular column.

TABuzz tablog review

TABuzz #10 with Shai Ohayon(キュレーター)

毎回ゲストのまわりのBuzzWordsを聞くコーナー。今回は東京に拠点を移したばかりのインターナショナル・キュレータの彼。

unbirthday364: (2009-11-18)

I would like to put a sprinkle of sugar to make all works a bit brighter.
Of course Rebecca does not think it's necessary.

http://unbirthday364.blogspot.com/2009/11/rebecca-horn-rebellion-in-silence.html

yugen: (2009-12-03)

「静かな叛乱」と題したレベッカホルンの展覧会

70年代。左右のイデオロギーの対立が頂点に差し向かう頃、それでなくても東西ドイツが分断されていた当時のアートシーンに於いて、拘束具を装着し、あたかも特殊な性癖があるかのような初期のパフォーマンス作品。女性で尚且つ身体を用いる作品は社会に大いに衝撃を与え、議論を呼んだことだろう。

また、一見乱雑と感じさせるプログラムされた定期的な動き。見過ごしてしまいそうな細やかな揺らぎ。一方ではマシナリーに。また一方では生き物のように滑らかに。作品にあるはずの無い生きる物の生体感を覚え、機械仕掛け、からくり、オートマチック、どれが一番適したタームなんだろうと思いつつもどれもが表現にそぐわない。

当時の時代感覚をニュアンスまで知ることはできないが、彼女は常に社会規範や常識といわれるものと斗い、切り開いてきたのだろう。

cbliddell: (2009-12-05)

The edgy contemporary artist unfurls her sad wings of destiny at the MOT

by C.B.Liddell

As it stands now, Europe is a dying civilization. If demographic trends hold, within about 50 years it will become an Islamic continent or, possibly, go through a bloodbath approximating the horrors of Bosnia or the Third Reich. Of course, much can be done—and hopefully will be—to avert such extremes, but this seems to be the current trajectory.

As an art writer, this is not the sort of thing I normally worry about. I’m much more concerned about the latest auction prices at Sotheby’s or whether a particular shade of pink harmonizes with a certain color scheme. But “Rebellion in Silence: Dialogue Between Raven and Whale,” a major retrospective of contemporary German artist Rebecca Horn at the Museum of Contemporary Art (MOT), seems to have the power to unwittingly provoke such dark musings and forebodings.

Read more>>>
[URL=http://metropolis.co.jp/arts/art-reviews/rebecca-horn/] http://metropolis.co.jp/arts/art-reviews/rebecca-horn/[/URL]

cbliddell: (2009-12-05)

The edgy contemporary artist unfurls her sad wings of destiny at the MOT

by C.B.Liddell

As it stands now, Europe is a dying civilization. If demographic trends hold, within about 50 years it will become an Islamic continent or, possibly, go through a bloodbath approximating the horrors of Bosnia or the Third Reich. Of course, much can be done—and hopefully will be—to avert such extremes, but this seems to be the current trajectory.

As an art writer, this is not the sort of thing I normally worry about. I’m much more concerned about the latest auction prices at Sotheby’s or whether a particular shade of pink harmonizes with a certain color scheme. But “Rebellion in Silence: Dialogue Between Raven and Whale,” a major retrospective of contemporary German artist Rebecca Horn at the Museum of Contemporary Art (MOT), seems to have the power to unwittingly provoke such dark musings and forebodings.

Read more>>>
http://metropolis.co.jp/arts/art-reviews/rebecca-horn/

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use