「ARCHITECT JAPAN 2009 - ARCHITECT 2.0 WEB 世代の建築進化論」展

Eye of Gyre

このイベントは終了しました。

本展覧会は、ポンピドゥー・センターで2011年に開催される「日本の建築家展1945-2010」に先んじて、建築表現と社会状況の関係を探ろうとする展覧会です。ここでは、ポンピドゥー・センター副館長フレデリック・ミゲルー氏が本展のために寄せたテキスト「日本的建築の来るべきアイデンティティ」をもとに、戦争によって日本の都市が破壊し、終戦を迎えた「1945年」、そこから復興し、高度経済成長の象徴的なイベントとなった大阪万国博覧会が開催された「1970年」、さらに「阪神大震災」や「オウム真理教事件」が起こり、「windows95」が発売され「インターネット元年」と呼ばれた「1995年」をターニングポイントとして捉え、情報インフラの拡大により新たな状況を獲得しつつある「1995年以降」の都市を描くためのコンセプトをWEB世代のクリエータの表現の中に探ることを通じて、現代日本建築のアイデンティティの所在について考え、戦後日本建築史を遡る契機とします。

下記の開場で同時に展示会が開催されますので、合わせてご高覧下さい。
小山登美夫ギャラリー、TARO NASU、ギャラリー小柳、hiromiyoshii、タカ・イシイギャラリー、青山|目黒

メディア

スケジュール

2009年08月01日 ~ 2009年08月30日

Facebook

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2016) - About - Contact - Privacy - Terms of Use