塙裕子 「金色陶のオブジェ」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 塙裕子 「金色陶のオブジェ」

このイベントは終了しました。

仏教美術の御仏の姿は、「法華経」や「無量寿経」の「諸仏身金色」などから、光明や異界性の寓意も含めて「金色」を使うことで表現されてきました。仏像の多くは金色に彩られ、須弥壇や仏壇には金色装飾が多く見られます。

塙裕子(Hanawa Yuko)さんの作品は、高い山を中心にまわりを低山が囲む風景をあらわした「棲みか」や、流れる瀧をイメージした「垂水」など、すべて土でかたちをつくった後、金色に着彩した陶のオブジェです。1点の大きさは40cm四方で、人が一人で抱えられるサイズです。

円錐形の峻険な山並み、華が咲いたように放射状に広がる山裾のかたち、一見現代的なデザインながら、それらを覆い尽くす金彩が異次元を感じさせ、特異な威容さが迫力を放ちます。光や雲が流れるような円盤をなし、そこに鳥が舞う「光 想う」、火炎土器のようにうねるかたちの先に蝶がとまる「ここにいる」、二羽の鳥のようなかたちのまわりに散華のように花びらが無数に散っている作品など、いずれのモチーフもどこか彼岸をイメージさせる世界です。

塙裕子さんは短大で生活デザインを学んだ後、1997年より地元に近い笠間にて陶芸家に師事し、やきもの制作を始めました。今年で12年になります。2006年頃から現在の作品をつくるようになります。もともと古美術の古色の風合いや、宗教美術に惹かれていたこと、寺社や仏壇の配置や装飾性がとても好きだったことが、こうした作品の生まれる背景にはあります。ひとつひとつ土をひねり、掌で愛しむように制作している新作では、金彩の技術も高くなり、時を経た木彫の風合いにも似た、独特のオブジェが生まれています。今展ではこうした新作を含む7点ほどが展示されます。

アーティスト・トーク: 5月9日(土) 18:30〜19:00

メディア

スケジュール

2009年05月09日 ~ 2009年06月02日

アーティスト

塙裕子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use