マーク・ロスコ 「瞑想する絵画」

DIC川村記念美術館

poster for マーク・ロスコ 「瞑想する絵画」

このイベントは終了しました。

マーク・ロスコは、1903年、ロシアのドヴィンスク(現在のラトヴィア共和国、ダウガフピルス)に生まれました。少年期に家族でアメリカに移住し、名門イェール大学に進みますが二年で中退し、1923年にニューヨークに出て画家を目指すようになります。最初は室内の人物や地下鉄の駅などの都会の風景を暗い色調で描き、次いで古代神話にちなむ題名をつけたシルレアリスム風の絵画を手がけたのち、1940年代の半ば過ぎから具象を離れ、ついには大きな画面にぼんやりとした雲のようなかたちが浮かぶスタイルに到達します。抽象でありながら、光をはらんだ色面が醸し出す神秘性・叙情性に満ちたその絵画は、たちまち世間の注目を集め、ロスコはアメリカを代表する人気画家となったのです。

このたびの展覧会では、50年以上にわたって散逸したままだった「シーグラム壁画」の半数となる15点が初めて一堂に会し、あらたなロスコ空間を創り上げます。おそらく二度と見ることができない千載一遇の機会となることでしょう。そのほか、「シーグラム壁画」のための展示模型や関連作品、「シーグラム壁画」以前の大作、以降に制作された幻の連作など13点と、本邦初公開となるロスコの書簡などをあわせてご紹介し、晩年のロスコ芸術の真髄に迫ります。

トークイベント 3月29日(日)17:30-19:00
茂木健一郎(脳科学者)x 林寿美(川村記念美術館学芸員)
赤い「シーグラム壁画」に囲まれた展覧会場で、ロスコ絵画の魅力を異分野の専門家同士が語り合います。
聴講費: 1000円(入館料別途)
当日13:00から美術館エントランスで先着100名に聴講券販売
予定変更あるいはキャンセルの可能性があります。

メディア

スケジュール

2009年02月21日 ~ 2009年06月11日

アーティスト

マーク・ロスコ

Facebook

Reviews

jinno: (2009-04-06)

takatokyo: (2009-04-27)

henacyoko: (2009-06-07)

15点が一堂に会した〈シーグラム壁画〉を感じられる、貴重な機会でした。
http://henacyoko-art.at.webry.info/200906/article_2.html

utsushimi: (2009-06-09)

なんてシンプル。なんて的確。無駄がない。嘘は言わない。
ロスコは最後まで思考の奴隷にならず、人間を忘れなかった。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use