「マティスの時代―フランスの野性と洗練」展

ブリヂストン美術館

poster for 「マティスの時代―フランスの野性と洗練」展

このイベントは終了しました。

「私は一枚の絵をみるとき、何が描かれているかは忘れてしまう。 大切なのは線と形と色だけである。」-アンリ・マティス

20世紀初頭のフォーヴィスム(野獣派)運動の中心的人物であったアンリ・マティス(1869-1954)は、絵画における既成概念に挑戦しつづけました。その革新的でありながら情感と知性のバランスがとれた新手法はフランスのみならず諸外国の画家たちへも広まり、マティスは20世紀前衛芸術の先導者となりました。本展覧会では、ブリヂストン美術館のコレクションの中から、マティスとその周辺で活動していたルオー、マルケ、デュフィ、ブラックなどのフランスの作家たち、およびミロやポロックなど諸外国の作家たちのそれぞれの道筋をたどりながら、かれらの新しい造形を紹介します。

[画像: アンリ・マティス 「Woman with Blue Bodice」 (1935)]

メディア

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use