poster for 「広告批評」展

このイベントは終了しました。

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)の2009年12月企画は、「広告批評展 ひとつの時代の終わりと始まり」を開催いたします。

今回の展覧会では、1979年の創刊から30年にわたり、「大衆の視点」で広告を追いながら、時代を読み解いてきた、雑誌『広告批評』の軌跡をご紹介いたします。

これまで『広告批評』を彩った100余人の人たち、数年ごとにアートディレクション(AD)が大きく変わるロゴと表紙、この30年の時代を代表するCMや新聞広告(初代編集長・天野祐吉氏選)などの展示により、マス広告の全盛期をかけぬけたこの雑誌の意義を問い直すだけでなく、ウェブとの連携時代を迎えたこれからの「広告批評」のあり方についても考えてみたいと思います。

トークイベントも開催します。詳しくはHPご覧下さい。

メディア

スケジュール

2009年12月03日 ~ 2009年12月24日

オープニングパーティー 2009年12月03日17:30 から 19:00 まで

Facebook

Reviews

yngs: (2009-12-10)

広告から、その時代、その流行、その思考が感じられました
http://unlimitedbx.yanaging.com/?day=20091209

jinno: (2009-12-17)

広告の過去と今後を繋げていたのが、この広告批評だったんだろうな~。http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10413257217.html

takatokyo: (2009-12-23)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use