長谷川等伯 「没後400年」

東京国立博物館

poster for 長谷川等伯 「没後400年」

このイベントは終了しました。

水墨画の最高峰 「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)」、金碧障壁画(きんぺきしょうへきが)の至宝「楓図壁貼付(かえでずかべはりつけ)」を描き、あの狩野永徳をも脅かした桃山絵画の巨匠、長谷川等伯(1539〜1610)。能登七尾(石川県)に生を受けた等伯は、はじめ「信春(のぶはる)」と名乗り主に仏画を描きました。30代で上洛すると画題を肖像画、花鳥画 などにも拡げています。豊臣秀吉や、千利休らに重用され、一躍時代の寵児となりました。時に精緻に、時に豪放に描きわけられた作品群は、今もなお我々を魅了し続けます。

 本展は、長谷川等伯の幅広い画業を、ほぼ網羅する大回顧展です。郷里七尾で「信春」と名乗った初期の作品から上洛後「等伯」と号して大徳寺をはじめ京都の名刹に揮毫した名品を一挙公開いたします。国宝3件、重要文化財作品約30件、重要美術品1件を含む約80件の桃山の鼓動を伝える作品群と、それを創出した等伯の人間ドラマを没後400年の節目の年にご紹介いたします。

[画像:長谷川等伯(信春)「花鳥図屏風(かちょうずびょうぶ)」個人蔵]

メディア

スケジュール

2010年02月23日 ~ 2010年03月22日

アーティスト

長谷川等伯

Facebook

Reviews

TAB_linkr : (2010-03-04)

Tokyo Art Patrol 2/25
by K.Nagato

死後400年たっても、こんなに人の心を揺さぶるような作品の数々。胸元に迫り来るような絵が堪能できる、貴重な、大変貴重な機会であることに間違いない。
http://blog.excite.co.jp/tap/12948369/

JINNO: (2010-03-07)

長谷川等伯という一人の絵師の闘いによる絶頂と悲痛、そして悟りの境地を感じることのできる展覧会。http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10475833281.html

henacyoko: (2010-03-20)

長谷川等伯さんの描く動物は、生き生きしてました。
http://henacyoko-art.at.webry.info/201003/article_5.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use