三木陽子 「“PET SHOP”installation of ceramics 現実と地続きのファンタジー」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 三木陽子 「“PET SHOP”installation of ceramics 現実と地続きのファンタジー」

このイベントは終了しました。

顔のついたドアノブ、犬の頭につながる配管、生きもののようにくねるチューブ、クッションに宿る子どもの顔、古い建物のタイルに浮かぶねずみ、横たわる部品のような奇妙なもの・・・三木陽子のモノトーンの陶のオブジェで統一された世界は、端正で静けさの中に沈んでいるようです。でも、ひとつひとつのディティールに気がついた時、驚きと同時に、此処ではない何処か他の場所に入り込んでしまったような、微かな恐怖を憶える迫力あるインスタレーションです。陶で制作を続ける彼女は「素材の土に触れた時、同時に自分の内部も感じます。触覚は、外部と内部、無意識と意識を結びつける根源的な感覚であり、私にインスピレーションと力を与えてくれます。」と語っています。ふと、誰かが見ているような気配に振り返っても、そこにはいつもの見慣れたものや壁があるばかりといった、誰もが経験している日常のささやかな不思議体験や、彼女が好きなスティーブン・キングなどのホラー世界のイメージから、こうした世界を紡ぎあげています。常に陰と陽の相反する世界の境界をつくり続けている三木は、今展では「PET SHOP」を題材にインスタレーションを行なう予定です。ぜひ会場でご覧下さい。

メディア

スケジュール

2010年10月08日 ~ 2010年11月04日

アーティスト

三木陽子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use